Bass Fishing記事 | ティムコ

社員ブログ

Bass Fishing  社員ブログ   千葉県 豊英ダム釣行

2017.03.28

千葉県 豊英ダム釣行

こんにちは。ティムコスタッフ鈴木です。去年レンタルボートが解禁した千葉県の豊英ダムへ行ってきました。

 

IMG_9523

 

水温はボート屋の桟橋で8度と、この時期にしては低いと思いつつボート屋から出て左の川筋の上流エリアを目指す事に。上流に遡りながらブッシュや流れ込み、立木周りをフラッピンホグのテキサスとシャッドテール系のノーシンカーで流しながら様子を見る。

 

IMG_9513

 

フラッピンホグのテキサスにはフェンウィック エイシス ACES68CMHJ、シャッドテール系にはフェンウィック エイシスACES68CMJ使用。共に全長6フィート8インチで、長すぎず短すぎず、キャストもし易くピッチングも竿の軽さもありビシバシ決まります。

 

IMG_9530

 

そしてビシバシキャストは決まりますが肝心な魚からの反応はなく、最上流まで辿りつきました。水温は6度とこれはまだ早いと思い下る事に。中流のとあるエリアでいい感じの濁りとブッシュとゴミ溜りがあり、時期的には早いですが野良ねずみを投入。2、3投目くらいでいきなり水面を割ってバイト!!するも乗らず・・・・。

 

更に下流方面へ流し、普段だと見逃してしてしまいそうな小さいブッシュ際に野良ネズミを送り込み、野良ネズミの十八番!!高速ドックウォークで誘うと勢いよく水面バイト、少し送り込み全力フッキングでカバーから引きずりだして、キャッチする事出来ました。サイズは30中盤と小ぶりでしたが、水温8度台のトップゲームという価値ある1匹だと思います。

 

IMG_9516

 

竿はフェンウィック エイシス ACES63SLJを使用。今回発売エイシスのスピニングモデルで一番のオールラウンダーな竿で、私は野良ねずみを使用する時はラインはPEを使いますが問題なく使用できました。1本でなんでも使いたい方にお勧めな1本となっております。

 

その後、本流筋の上流を目指して、遡るも完全に何もなしで本湖方面へ下るも冷たい風に吹く付けられて終了。最終的に支流の中流域へ戻り、シャイナースティックのデットスロー引きで一回だけチェイスがあり、それでタイムアップ。春の気まぐれを堪能した豊英ダム釣行となりました。

 

IMG_9519

 

そして遂にエイシスがリリーススタートしました。私も去年からプロトロッドで霞ヶ浦、琵琶湖、リザーバーでもテストさせて頂きましたが、フラッグシップに相応しい性能に仕上がっています。今回リリースした13機種は全国で使えるラインナップとなっております。必ず自分にあった1本が存在すると思いますので、一度手に取って頂けた幸いです。武器になることは間違いないです。宜しくお願い致します。

 

 【タックルデータ】
ロッド: フェンウィック エイシス ACES68CMJ
リール: スティーズ
ライン: フロロ14lb
ルアー: シャッドテールワーム
 

ロッド: フェンウィック エイシス ACES68CMHJ
リール: ジリオンSVTW1016SV-XXH
ライン: フロロ14lb
ルアー: フラッピンホッグ
 

ロッド: フェンウィック エイシス ACES63SLJ
リール: エアリティー
ライン: PE1.2号
ルアー: 野良ねずみ


ウェア:
エクストリームDSジャケット
エクストリームDSパンツ
ナノエボウォームハンドウォーマー

 


Like