Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishing  プロスタッフ  フィールドインフォ   亀山ダムPart20 板山雅樹 「今年初の50cmオーバー」

2017.02.07

亀山ダムPart20 板山雅樹 「今年初の50cmオーバー」

フェンウィックサポートの板山です。1月31日亀山ダムに浮いていました。前日、前々日と暖かく前日には20℃を超える気温になったとこもありました。ただ前日の夕方から強い北風が吹き気温の差がある日でした。

 

朝はとりあえずディープをチェック。3.5gのダウンショットでキャッチ。ロッドはこの時期のダウンショットで定番のスーパーテクナS-TAV60SLJ TZ 。水深は12mの地形変化。地形変化を感じられバイトを明確にするのはこのロッドならでは。使った方にわかる明確なこの差。

 

そのあとフラットエリアで前回のレポートでも書いたロッド エイシス ACES63CLJ(B.F.S.)を5lbラインを使った3.5gのダウンショットで。水中にやや立ち木が多いところを狙いキャッチしました。アラミド素材が入ったロッドはバスをリフトしてくれるので楽にバスを寄せることができます。

 

前日、前々日の暖かさもさりワカサギが産卵行動をしているのを確認。そうなれば初春のワカサギパターン(冬ですけど)。ロッドはアイアンホークIHHS66CLJ にシャッドの組み合わせ。66CLJはスーパーテクナにもあるんですが、アイアンホークの方が「ややマイルドな曲がり」になっているので、キャストのしやすさや、掛けてからの曲がりが良いので、ベイトフィネスの巻きには出番が多いロッド。

 

ワカサギが差す場所をランガンして昼前にでました!52.5cm!!

 

DSC_0427

 

ワカサギを食べているであろうコンディションが良いバスでした。ミディアムリトリーブでもバラさずに釣れたのはロッドのおかげだと思います。本格的な春のワカサギパターンにはロッドがかなり重要になるので今のうちにチェックしてくださいね!

 

【タックルデータ】
(ダウンショット)
ロッド:フェンウィック スーパーテクナ S-TAV60SLJ TZ
リール:ヴァンキッシュC2500HGS(改)
ライン:デュエル T-7 3lb

(ベイトフィネスのダウンショット)
ロッド:フェンウィック エイシス ACES63CLJ(B.F.S.)
リール:LTZ 930Pro仕様
ライン:デュエルT-7 5lb

(シャッド)
ロッド:フェンウィック IHHS66CLJ ”Bait Finesse Special”
リール:アルデバランBFS
ライン:デュエル T-7 8lb


ウェア
 FoxfireエクストリームDSジャケット
 FoxfireエクストリームDSパンツ
 Foxfireタイタニウムハンドウォーマー

 

 


Like