Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishing  プロスタッフ  フィールドインフォ   霞ヶ浦エリアPart19 田島昌和 「早春の北浦・霞ヶ浦水系」

2017.04.04

霞ヶ浦エリアPart19 田島昌和 「早春の北浦・霞ヶ浦水系」

皆さんこんにちは、フィールドスタッフの田島です。各地で開催されたフィッシングショー会場でACESには触って頂けたでしょうか?既にデリバリーが開始され店頭に並んでいますので、まだという方はお近くのフェンウィック販売店さんや、各種イベントで是非確かめてください。

 

さて最近の北浦・霞水系の様子ですが、早朝でも水温が10度を超え、日並みの良い日中は14度に届きそうなほど上昇してきており、スポーニングを控えたバスがポロポロとシャローで釣れる様になってきました。そんなわけで私も春バスを探しに船を浮かべてみました。

 

先ずはスポーニングエリア周辺のシャローカバーや底質の硬い所を探ってみましたがノーバイト。ビックサイズがポロポロと釣れているようなんですがハイシーズンとは違い「1日やり続けて1本出るかどうか」という感じの様です。そこで少し狙いを変え、バスが移動やフィーディングに立ち寄りそうなスポーニングエリア沖側に点在するジャカゴや石積みを狙ってみました。

 

ジャカゴ

 

GW68CMP+Jに5gの直リグをセットしたタックルでジャカゴの凹みを丁寧に打って行くと、ハイシーズンのようなスーッとラインが走るバイトに一瞬戸惑いましたが、68レングスの長いストロークを使ってフッキングを決めバスをキャッチしました。

 

ジャカゴバス

 

その後も連続キャッチを狙い打ち続けましたがバイトかな?というのが1度有ったのみでしたので、エリアと釣り方を変え石積みをシャッドプラグで狙ってみました。

 

石積み

 

手返しとアキュラシー重視でキャストをしたかったので、GW60CULJに6cmのシャッドプラグをセットしたタックルでコツコツと石の感触を感じながらキャストを繰り返しているとグーッと重くなるようなバイト!リーリングを止めずに巻き合わせの要領でフッキングを決め、1kgを超えるナイスサイズのバスをキャッチしました。

 

石積みバス3

 

この日は2本をキャッチしたのみでしたがバスは水温の上昇と共にシャロー上がりフィーデングを行い、来るべきスポーニングに向けて体力を蓄えているようです。みなさんフィールドに足を運び春のビックバスを狙ってみてください。

 

【タックルデータ】

(直リグ)
ロッド: フェンウィック・GW68CMP+J
ライン: フロロ12lb
リグ: 5g直リグ
ルアー: 4inクローワーム

(シャッド)
ロッド: フェンウィック・GW60CULJ
ライン: フロロ8lb
ルアー: シャッドプラグ

 


Like