Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishing  プロスタッフ  フィールドインフォ   霞ヶ浦エリアPart11 松田守彦 「春の北浦釣行」

2017.04.05

霞ヶ浦エリアPart11 松田守彦 「春の北浦釣行」

皆さん、こんにちはフィールドスタッフの松田です。今回はボート乗り換えの為、慣らし運転を兼ねて釣行に行ってきました。

 

当日は晴れていてもまだ肌寒く水温も12度と春にはまだ少し早い状況。この時期にバスがいるであろう水深のある「沖の杭+オダ」を狙いました。攻め方としては杭にタイトにキャストしてフォールとステイで誘い、オダをズル引くイメージで「掛けてステイ、外してステイ」で喰わせるイメージです。

 

image1

 

使用したロッドは新発売のACES66MLP+J、フレキシーカーリー3インチのグリパンのダウンショットで使用しました。ロッドの特徴は、オダを一本一本乗り越えてくるのが分かる感度の良さと、ファーストテーパーを活かし根掛かりを回避し柔らかいイメージでオダをかわて喰わせる事ができます。高弾性マテリアルにアラミドヴェールとナノレジンの補強、ハイテーパー化したベリーからバットのパワーを発揮し、バスをストラクチャーから一気に引き離し、主導権を渡す事なく獲る事が出来るロッドだと思います。

 

みなさんも是非一度、ACESを手にとって試してみてはいかがでしょうか?

 

【タックルデータ】

(ダウンショット)
ロッド: ACES66CMLP+J
リール: アルファスエアー
ライン: サンラインFCスナイパー10ポンド
ルアー: フレキシーカーリー3インチ

 


Like