Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishing  プロスタッフ  フィールドインフォ   印旛沼水系Part2 今泉拓哉 「デカバス天国!?春本番目前の印旛沼攻略!」

2017.04.17

印旛沼水系Part2 今泉拓哉 「デカバス天国!?春本番目前の印旛沼攻略!」

第2回目の投稿となります今回は先日知人に誘われて行った春目前の印旛沼釣行について書きたいと思います。

 

この日はまだ今年2回目となる印旛沼・・・。何かパターンが見えているから来たとかでもなく、この日は仲の良い先輩の魚探のセッティングをするためだけに一番お手頃な印旛沼に来ただけだったので自分の中では釣れなくてもいいかなと内心思っていました・・・。先輩との予定も何とか合わせたようなものなのでこの日は遅めの9時出船。朝の出船時間からして2人のやる気のなさが伺えます(笑)。この日は終始南西風が吹く予報だったのでとりあえず風の当たる面の鹿島川河口に向かいました。時期もよかったのでそろそろ風の当たる面のアシでのスピナーベイトのパターンはアリだろうと思いつつのエリア選択です。かなり条件の良い風当たりなのに、いくらスピナーベイトを流してもバイトが出ません・・・。

 

それならばまだ春になり切れていないのか?と思い鹿島川の上流の越冬場へ。ここでは撃ち物メインの釣りで、前回の投稿記事の時にも使っていたGW610CMHP+Jに7gテキサスのセッティングでひたすら撃っていきますがこれもバイト無し・・・。軽くやるつもりがなぜか2人でむきになって考え込んでしまい、出た答えが鹿島川河口よりも南側にある川鉄のアシ!本来は春の中でも早春よりも中盤のほうが安定的につれ易い傾向のあるエリアなのですが丁度良く南西の風も当たっていて、気温も高かったので思い切ってやってみることに!この日は用意が悪く巻き物用のロッドを持ってきてなかったのでGW68CMP+Jで代用することに・・・。

 

投げていたルアーは1/2オンスのダブルウィロータイプのスピナーベイト。そしてラインは12lbフロロカーボンライン。このタックルでアシの中を通してくるイメージで流すこと数分・・・強烈なバイト!!!重すぎる!キャットフィッシュかこれは!?と思うような引きを本来ピッチングスペシャルであるGW68CMP+Jのパワーと強い粘りでアシに巻かれることなくアシの奥側から引きずり出してきました。そして上がってきたのはおよそ54cmのビッグママ!

 

Imaizumi004

 

知り合いに聞くと印旛沼でこのサイズはなかなか出ないとのこと・・・。持ち合わせていた2kg秤は余裕で振り切りました(笑)。

 

Imaizumi002

 

やはりキーになったのは南西風の当たるアシの出っ張り。丁度良く風が当たり始めたタイミングでの移動は正解でした!ここからは答えが早く、似た条件をひたすら探ることに・・・すると僕の魚を釣った数分後にも先輩に800gくらいの魚がヒット!ここからさらに閃き、この南西風で釣れるのならば、甚平広沼のあそこもいいのでは??となりすぐに移動・・・。到着すると予想通りの風当たり!これは期待できると思い先程と同じくGW68CMP+Jに1/2オンスのスピナーベイトのセッティングに12lbフロロカーボンラインのセット。1流し目で早速バイト!!があるものの・・・フッキングした時の姿勢が悪く、惜しくもフックアップせず・・・。

 

今度はちょっとずれて似たような場所に投げてみるとまたバイト!!!今度は姿勢よくフッキングできたので後はロッドに仕事をさせるだけ(笑)。またまた難なくキャッチ出来たこの魚もコンディションが良く、キロオーバー。

 

Imaizumi003

 

まだまだいけるなと思い往復・・・。すると今度は先輩にヒット!これもまたいいサイズのキロオーバーでこの時点で船内4匹。前週の印旛沼のプロフェッショナルな方々が参戦していたNAB21では、49人の参加で釣れたのがたったの11人で状況は厳しいと聞いていたので、それを考えると上出来な結果ではあるのですが、やはり僕ら釣り人にとってはまだまだ釣りたい欲望が・・・。しかし遅めな出船だったこともあって、気づいたころには日没間近。さすがに戻らなければいけないものの、最後まで粘るべく、スロープから近く、この日にデカいのも取れている川鉄のアシへ・・・。風はやんだものの、夕方のワンチャンスはないかなと探っていくと先輩にバイト!!上がってきたのはこれまたキロオーバー。まだ僕にもチャンスはあるぞ!と思い諦めず投げ続けますが、無念のタイムアウト・・・。

 

結局この日は50アップ含む船中5本の結果に。前情報から考えると上出来なので良しとしましょう(笑)ちなみに今回は持ち合わせがなかったので、巻物でもGW68CMP+Jを使用していたのですが、スピナーベイトを印旛沼のようなアシの中に通すような釣りや霞ヶ浦の障害物周りを通す釣りで最適なタックルを組むのであれば新しくティムコから出たACES68CMJやACES68CMHJがおススメです!もちろんGW68CMP+Jもバンバンキャストが決まって魚を引きずり出せてすごく使いやすかったですけどね。

 

僕らが釣りに行った頃は春目前であまりいいコンディションではなかったのですが、ここ最近の印旛沼はかなり好調だと聞きます。ぜひ皆様も新製品のACES68CMJやACES68CMHJ、またGW68CMP+Jにスピナーベイトを持って印旛沼に行ってみてはいかがでしょうか。

 

【タックルデータ】
ロッド: ゴールデンウィングGW68CMP+J
リール: SS SV103SHL
ライン: フロロカーボン12lb
ルアー: 1/2ozスピナーベイト チャート系カラー
偏光グラス: サイトマスター・キネティックGYマイカ/SLB
ウェア: Foxfireデリュージレインスーツ/グリーン

 

 


Like