Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishing  プロスタッフ  フィールドインフォ   霞ヶ浦エリアPart20 田島昌和 「足の速いバスをテンポよく!春の霞水系」

2017.05.09

霞ヶ浦エリアPart20 田島昌和 「足の速いバスをテンポよく!春の霞水系」

皆さんこんにちは、フィールドスタッフの田島です。今回は私が駐艇している潮来マリーナのボートオーナーを中心としたFREEDOMバスクラブのトーナメントに参戦した模様をお伝えしたいと思います。

 

前日までは春の陽気で暖かく、スポーニングエリア周辺に点在する杭をGW68CMP+Jに5gの直リグを組み合わせたタックルで、テンポ良く打つ釣りで写真の様な良いサイズのバスが釣れていました。

 

s前日のバス2(別角度)

 

 

しかし当日は寒の戻りで霜が降り るほど冷え込んだので、スポーニングエリアの沖側にあるブレイクを、「GW68CMLP+Jに5g」のダウンショットの組み合わせでスローに狙い、何とか2本のバスをキャッチしを1,700gをウェイインし7位となる事が出来ました。優勝者は私の狙っていたブレイクよりも更に沖側のブレイクを水温が上昇し始めるお昼頃に狙い、4kg越えのウエイトをウェイインしていました。

 

sFREEDOM2キャッチ

 

どの季節でも前日迄の良い思い出を引きずる事無くその日の状況にアジャストする事が大切なのですが、春は特に魚の動きが早く、一晩どころか半日でガラッと変る事があります。今回は見事に状況変化に追い付かなかった感じとなってしまいました。

 

さて、このレポートが掲載される頃にはスポーニングも後半を迎え、水温の上昇と共に釣り易くなってきていますので、皆さんもフィールドで良い釣りを堪能してください。

 

【タックルデータ】

(5g直リグ)
ロッド: フェンウィック・GW68CMP+J
ライン: フロロ12lb
ルアー: 4inクローワーム

(ダウンショット)
ロッド:フェンウィック・GW68CMLP+J
ライン:フロロ10lb
ルアー:3.5inストレートワーム

 


Like