Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishing  プロスタッフ  フィールドインフォ   岡山Part43 塩見友広 「NBCチャプター岡山第4戦」

2017.07.20

岡山Part43 塩見友広 「NBCチャプター岡山第4戦」

7月上旬に開催されたNBCチャプター岡山へ参戦して来ました。

 

bush

 

7月に入り梅雨後期となったタイミングで各地に大雨による被害が多発しました。被害に遭われました方々に、心よりお見舞い申し上げます。季節外れの台風3号によって梅雨前線が刺激され纏った雨量になった訳ですが、岡山県の高梁川でも大いに影響を受け、増水状態が1週間以上続いている状況でした。

 

増水時に釣れる状態ってのは大体が1日~2日間までが限度で、濁り&低水温が続くと増水の恩恵は無くなり、今度はタフ化になってしまう事がほとんど。今回の高梁川はそんな状況だとプラクティクス前からそう思っていたので1バイトだけ得て深追いせず早上がりしました。

 

meeting

 

本戦は増水時のセオリーな反転流に絡むブッシュへ入って様子見。前半は動きの把握で打って巻いてみて回って、11時前くらいの水質が良くなったタイミングで冠水植物+ブッシュ+反転流で「GW610CMHP+J」での10gテキサスリグを打ち込み、ブッシュ内の反転流に乗せて流し落とすと、微かなバイト!フッキングと同時に水中枝越しにグルグル回るような感覚に…。あ~、、ナマズかと思って無理やり見えない枝を乗り越え、ボート際に寄せた魚を確認すると…。1,500gオーバーのバスでした!

 

今がタイミングだと思い、似たような場を巡って同上のタックルで無意識にフッキングと同時に500gサイズを引き抜いて2本目。終了間際に1,500gサイズを釣ったスポットへ入り直して反転流の流れに乗せてリグを放置してると、鋭いゴン!のバイトにフッキングすると…  スッポ抜け。。。2本で追加ならず終了でした。

 

結果、2本、2,320gで3位入賞でした。

2_2320g

 

全体の様子としては増水状態が長引いている事によってタフ化&ショートバイト化(今回釣った2本共に唇にフックが薄掛かり)して苦戦した選手が多かったですが、優勝者は季節先行のアユパターンを追ってハメて抜けた重量でした。

 

【タックルデータ】

ロッド:GW610CMHP+J
リール:ジリオンSV XXHL
ライン:エクスレッド16lb
ルアー・リグ:4inクロー系・10gテキサスリグ

偏光:キネティック ブルーPRO/イーズグリーン
その他:Foxfire  SC DSフ―ディ+Foxfireレインウェア

 


Like