Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishing  プロスタッフ  フィールドインフォ   裏磐梯エリアPart6 濱本将史 「JB桧原湖シリーズ第2戦」

2017.07.20

裏磐梯エリアPart6 濱本将史 「JB桧原湖シリーズ第2戦」

皆さん、こんにちは!エンジントラブルで初戦を欠場した自分は、第2戦が今年のプロトーナメント初戦になります。

 

プラクティスからの流れは、シーズナル(スポーニング)の進行と平行に大幅な減水→増水→減水と、いった感じの水位変動と夏日が続いたことによる水温上昇(トーナメントまでの2週間で、5℃~7℃水温が上昇しました)に伴い、スポーニングエリアの近くのウィードエリアからは週末を迎えるたびに良いサイズのバスが抜けていくような感じでした。

 

6-1

トーナメント2週間前までは、スポーニングエリアの近くのウィードが好調でした。

 

そういった状況を踏まえて、サマーパターンに特化してプラクティスを進め、上位に絡めそうなサイズが獲れていたのは、堂場山岩盤エリア、馬の首エリア東岸西岸に点在するウィードエリア、湖中央部にある中ノ島エリア、ハイライトとローライトのライトコンディション違いでも釣果とサイズが安定していたのは中ノ島エリア。中ノ島エリアは、地形的に月島エリアと狐鷹森エリアのスポーニングシャロー挟まれた島を中心としたロックハンプエリア、ボディウォーター絡みの沖のストラクチャーになります。

 

6-2

前日プラクティス時 堂場山岩盤 キャリラバ3/8oz

 

トーナメント当日は、前述の中ノ島エリアと堂場山岩盤エリアにおいて、ライトキャロライナリグとキャリラバでナイスサイズを揃えたもののキッカーに恵まれず、7位というリザルトで今年の初戦を終えました。今後は、東北地方の梅雨明けと同時にサマーパターンが本格化、東北地方の山上湖の短い夏が始まります。

 

【タックルデータ】
(ジグ)
ロッド:フェンウイックACES 65CMJ
ライン:サンラインFCスナイパー8lb
ルアー:PDLキャリラバTG 3/8oz-003ブラックパープル

(ネコリグ)
ロッド:フェンウイック ACES 56SLJ
ライン:サンラインFCスナイパー2lb
ルアー:PDLスーパーフィネスクローラー4 #102(シンカー0.9g)

(ライトキャロ)
ロッド:フェンウイック ゴールデンウイング68SULP+J
ライン:サンラインFCスナイパー3 + Vハード0.6号
ルアー:ロコイズム フレキシーカーリー3( #152)、リングワーム2.5インチ(ブラック)

 


Like