Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishing  プロスタッフ  フィールドインフォ   霞ヶ浦エリアPart23 田島昌和 「北浦チャプター第2戦優勝」

2017.07.27

霞ヶ浦エリアPart23 田島昌和 「北浦チャプター第2戦優勝」

皆さんこんにちは、フィールドスタッフの田島です。さて今回はお伝えするのが少し遅くなってしまいましたが、北浦チャプターの第2戦で優勝することが出来ましたので、そのときの様子をお伝えしたいと思います。

 

成績上位(JBNBC)

 

事前の様子は前回のレポートの通り好調な感じだったのですが、試合の前日辺りから吹き始めた北風の影響で水温が下がり厳しい状況でした。全体的なプランとして事前から好調だったエリアを中心に、釣り方をバスの状態にアジャストしてゆくというプランで臨んでみました

 

水門やハードボトム、鯉イケス等が複合するドックの壁を「GW68CMLP+Jにスイミーバレット5.5in」をセットしたネコリグで、タイトに細かく打ちラインがスーッと横に走るバイトを68レングスのストロークで確実にフックセットを決め1キロクラスのバスを連続でキャッチ出来ました。

 

タックル

 

やはりバスはプラクティスで良かったエリア周辺から大きくは動いておらず、急な水温低下でスローになっていると判断し、似たような条件のエリアを数ヶ所回ったのち山田ワンド北側の矢板エリアに入りました。普段このエリアではノーシンカーでタイトに探る釣りを行うのですが、ノーシンカーはどうしても風の影響を受けてしまいます。そこでACES66CMLP+Jに4in高比重スティックベイト+1/8ozシンカーをフリーリグでセットし、 ボトム付近をスローに探ると直ぐに反応が有り、1キロクラスを2本キャッチし入れ替えも行い帰着となりました。

 

魚持ち(JBNBC)

 

3キロ弱というウエイトでしたので、優秀は難しいかな?と思ったのですが、フィールドコンディションの悪化で全体的にウエイトが伸びず、優勝する事が出来ました。今回の勝因としては繊細にリグを操作し、僅かなアタリも逃さない感度や強風下でも風に影響され難いレングスなどのタックルに因るところが大きかったと思います。暑い日が続きますが、皆さんもNewGoldenwing&ACESで良い釣りをしてください。

 

集合写真(JBNBC)

 

【タックルデータ】

(ネコリグ)
ロッド:GW68CMLP+J
ルアー:スイミーバレット5.5in

(Fリグ)
ロッド:ACES66CMLP+J
ルアー:高比重スティックベイト
シンカー:1/8oz

 


Like