Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishing  プロスタッフ  フィールドインフォ   琵琶湖北湖Part4 山本昌之 「夏におすすめのルアーをご紹介」

2017.07.27

琵琶湖北湖Part4 山本昌之 「夏におすすめのルアーをご紹介」

皆さんこんにちは。TIEMCOフィールドスタッフの山本昌之です。夏の琵琶湖の湖北エリアは河口周辺にベイトが集まりだします。今回は表層系に拘って、この時期におすすめのルアーをご紹介したいと思います。絶対はずせないパターンに、ハスパターンがあり、大型のハスを狙ってデカバスが河口に集まってきます。

 

そこで使っていただきたいのが、「ティムコ・ゲーリー シャッドシェイプ6インチ」によるノーシンカーです。アクションは全力で逃げ惑うハスを演出して激しいジャークや高速トゥウィッチをすると、デカバスが狂喜乱舞してきます。ルアーの動きを見切るようなら、高速I字引きもオススメですよ。まんまハスっぽい#927カラーが一番のオススメ。

 

DSC_1454

 

私のタックルセッティングは「プロトのスピニングロッド+PEライン」の組み合わせ。ただでさえ飛ぶシャッドシェイプ6インチが、さらに圧倒的な飛距離を生み、河口エリアを効率よく攻めることができます。

 

次に、ハスパターンの反応が悪い時にはノイジー系で強引に引きずり出しましょう。そこで水面爆裂系ウェイクベイト スラッグフェストの出番です。ロッドは「フェンウィック アイアンホークフックセッター IHHS-BBS72CXHJ "BIG BAIT SPECIAL"」。ゆっくりただ巻きするだけで、ジョイントボディのコトコト音と金属テールのジャラジャラ音でバイトにもちこみます。

 

DSC_1453

 

それでもバイトに持ち込めないときは、最終兵器のアーマーチャガーです。河口に点在するウィードパッチをネチネチ攻略してみてください。アーマーチャガーはエラストマー素材のポッパーフロッグです。ハイアピールのスプラッシュサウンドとフッキングの良さ、沈み気味の浮き姿勢で、食い気のない弱いバイトでもバイトに持ち込みやすくなります。ウィードの真上で誘うので、ウィードに潜られても獲れるよう、タックルも強いものが必要になります。私はスラッグフェストと同様にIHHS-BBS72CXHJ "BIG BAIT SPECIAL"を使います。

 

みなさんも今回ご紹介したルアーをぜひ試していただき、興奮の表層系ゲームを楽しんでくださいね。

 

【タックルデータ】

(シャッドシェイプ6"ノーシンカー)
ロッド:フェンウィック プロトスピニングロッド
リール:シマノ ストラディックC3000HGM
ライン:PE1.5号+フロロ16lb
ルアー:シャッドシェイプ6インチ

(ウェイクベイト&エラストマーフロッグ)
ロッド:アイアンホークフックセッターIHHS-BBS72CXHJ "BIG BAIT SPECIAL"
リール:シマノ トランクス300HG
ライン:フロロ20lb
ルアー:スラッグフェスト、アーマーチャガー

 


Like