Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishing  プロスタッフ  フィールドインフォ   津久井湖・相模湖Part19 金井俊介 「NBCチャプター東京第4戦」

2017.09.04

津久井湖・相模湖Part19 金井俊介 「NBCチャプター東京第4戦」

皆さんこんにちはティムコフィールドスタッフの金井です。8/27(日)に行われた「NBCチャプター東京第4戦」にて2位入賞できました!

 

DSC_1603

 

その際活躍したのは「エイシスACES70SLP+J」!!第4戦の舞台は神奈川県相模湖。台風の影響による濁りがいまだに残っていました。濁ったら、カバーやストラクチャー撃ちがセオリーのはずが…、全くもって反応が無い状態。

 

次にサマーパターンであるシェードをチェック。どこを探してもいなかった40~50cmクラスのバスが係留船の下についていました。「PDLスーパーシャッドシェイプ3 ECO#09インレットマジック+1/32ozジグヘッドのミドスト」で、1本キーパーを釣り残りは翌日の大会に賭けました。

 

当日はボート店の大会と重なりメインエリアのバッティングが気になりました。試合が始まってみると、狙っていた問題なくポイントに入ることができました。しかし、ミドスト、バックスライド直リグのフォール、共にチェイスだけ。ゴミ+カバーをネコリグで釣っても、キーパーサイズには巻かれてしまったりとリズムも最悪。

 

10時過ぎに風が吹き出し、もう一度係留船にアタック!ミドストからサーチすると2連発でチェイスがありましたが、バイトに至らずバックスライドにチェンジ。すると立て続けにキッカーを含む2本!その後、帰着間際にもう1本追加しウエイン。2,185gでまたもや僅差2位(笑)ただ周りがローウエイトだったのも助かりました。

 

DSC_1587

 

今回、ACES70SLP+Jのパワーを活かし、「PE12lb+フロロ7lb」という強めのセッティングを組みました。フッキングも良く、尚且つライトクラスのロッドでありながら、30cmのキーパーバスはネットは使用せず抜ける程のパワー!キッカーフィッシュに至っては、慌てることなく、常に主導権を握れる「長さとアクション」。これも”HI-STRENGTH ARAMID VEIL DESIGN”だからこそ可能にしたスピニングでのパワーフィッシングだと実感しています。

 

9143

 

私は今年エイシスが発売されてから、この「ACES70SLP+J」で、野良ネズミやトップウォーター、水面ピクピク、バックスライド、パワーフィネス、十八番のライトキャロなどで多くのバスをキャッチしています。I字形からライトリグまで幅広く対応できる「バーサタイルなロングスピニングロッド」は、リザーバーではかなり重宝する1本です。2017年発売されたACESのラインナップの中で、個人的に一番の”お気に入り”ロッドです。

 

DSC_1629

 

【タックルデータ】

ロッド:フェンウィック エイシス ACES70SLP+J 
ライン:サンラインキャスタウェイ12lb+サンラインシューター7lb
サングラス:サイトマスターベクター/EG/シルバーミラー
ウエア:Foxfire SCロゴTシャツ L/S ブルー

 


Like