Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishing  プロスタッフ  フィールドインフォ   琵琶湖北湖Part7 山本昌之 「フェイカーで100匹釣り!」

2017.11.13

琵琶湖北湖Part7 山本昌之 「フェイカーで100匹釣り!」

皆さんこんにちは。最近は各フィールドで秋の数釣りを楽しめる季節になってきましたね!今回は台風直撃前の琵琶湖で、ハードルアー限定の入れ食い動画撮影をしてきました。当日は太陽は出ているのものの、防寒着が必要なくらい冷え込みましたが、毎年のことですが琵琶湖のコバスは、冬に向かって活動限界になるまで高活性になります。

 

 

狙いは比較的フラットなウィードエリアに点在しているエビ藻です。初めからフェイカーで釣りまくるとお題が決まっているので、セレクトしたタックルはフェンウィック・エイシスACESA70SLP+Jと、エイシスACES63SLJの2本で、ともにPEライン0.6号にリーダーはフロロ8LBです。

 

biwakoEyeC

 

フェイカーのボディーは70mmで6gなのですが、PEラインを使用することでぶっ飛びの飛距離を稼ぐことができます。2本の使い分けは、ACES70SLP+Jで、広大な琵琶湖のウィードエリアを素早くサーチして、ある程度エリアが絞れてきたらACES63SLJで手返しよく釣りまくっていきました。

4930843971877

 

フェイカーの使い方はいたって簡単、ただ投げて巻くだけです。水面直下、ウィードの高さに合わせて比較的早めに巻きます。すると、フェイカーを奪い合うようにウィードの中から、ワラワラとバスが湧いてきます。チェイスがあるのにいまいち食いが悪い時は、高速巻きからの一瞬巻くのを止めてすぐに巻き始めると、不規則な動きが出てバイトチャンスが増えます。この釣りかたで1日100匹コースも大袈裟ではなく、数釣りを楽しめました。

 

1508377642821

 

狙っているウィードはシャローエリアで陸っぱりからも届くところにあるので、皆さんもフェイカーを投げまくって秋の数釣りを楽しんでみてくださいね!

 


Like