Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishing  プロスタッフ  フィールドインフォ   徳島Part12 福光正樹 「サイトマスター・セプター」

2017.11.30

徳島Part12 福光正樹 「サイトマスター・セプター」

皆さんこんにちは、福光です。今年はシーズンも早めに終わってしまい、来シーズンに向けて新たなロッドを導入したり、タックルを整理したりして過ごしています。今回は今シーズンより導入したサイトマスターについて書いてみようと思います。

 

セプターライトグレー、スーパーライトグレーのミラー仕様。少しレンズが小さいモデルにしようと思い、フィッシングショーでも数本のモデルをフィッティングしてみたところ、所要条件を満たしていたのがセプターでしたので今期より導入しました。

 

IMG_3709

 

偏光グラスを選ぶ際、私の場合は顔が細いのでホールド感が無くて緩さを感じるフレームは不可、まつげが長いのでレンズと目の近くなるフレームだとレンズにまつげが接触するので不可、ノーズパットに負担が掛かりすぎると鼻が痛くなるのであたりが柔らかいモデル、バスボートでの高速走行でも風の巻き込みが気にならない、といった条件で選んでいます。

 

偏光グラスを掛ける顔周りは個人個人で全く異なります。その為、サイトマスターは細かいところまで快適性を求めてフレームデザイン、レンズ、ノーズパット、テンプル等、素材のマテリアルから形状まで細かい工夫を組み合わせて作られています。フィッティングの際、セプターはとても軽く感じ、装着時の負担は軽減、顔を動かしてもずれも感じず、まつげとレンズの接触も無く、鼻の頭も痛くならず軽快な装着感を得ました。

 

フィールドでもバスボートでの走行でも釣りの最中も問題なし、今シーズンのメイングラスとして活躍してくれました。偏光グラス一つで釣りのパフォーマンスは変わります。フレームはバレル等光の侵入を抑えた設計のサイトに適したデザインもあり、レンズに関してはラスターオレンジやローズも大変気になるレンズカラーです。

 

IMG_3713

 

釣りのスタイルによっての使い分けで釣果も変わりますので来シーズンに向けての準備として追加の一本を検討してみてはいかがでしょうか。見た目の印象も少し変わり、新たな気分でフィールドと向き合えると思います。取り扱いの店舗やフィッシングショーの展示でも試着する機会はありますので色々と掛け比べをしてみて新たな一本を選んでみてはいかがでしょうか?

 


Like