Bass Fishing記事 | ティムコ

平本 直仁

Bass Fishing  プロスタッフ  平本 直仁   WBSクラシックレポート

2017.10.30

WBSクラシックレポート

みなさん、こんにちは。2017年最後のプロトーナメントWBS CLASSICに出場してきました。今年でなんと10回目の出場。そろそろご期待に応えたいところでしたが・・・。レイクコンディションは急激な気温低下と寒い雨。今年初の防寒FoxfieエクストリームDS上下をを着込んでのオフィシャルプラクティスとなりました。

 

GPTempDownload

 

綿が多すぎず、スリムな防寒。立体裁断なのでスリムなのに動きやすい!さらに進化した新製品ディメンションDSがリリースされました!なんといっても集中力が一番大切になるこれからの時期。快適な防寒はタックル同等、ギアとしてが釣果に直結します!

 

雨模様だったので手首にはストレッチレインガード。手元からの水の侵入は命取り。特にロッドを立てて裁くときにはマストアイテムなのでこちらもお忘れなく。とにかく過酷な寒い雨の3日間でした・・・。CLASSICは一発勝負。小さくまとまらず、南岸ハードボトム(浚渫)で連日のビッグウェイトを叩き出す!という気持ちで臨みました。

 

プラクティスでは「ファットペッパー×ACESファストムービングプロトタイプ(2018年モデル)」の2.5mレンジショルダーで楽勝1500upのグッドコンディションのキッカーをイメージ通りキャッチ。彼らを追いかける作戦がメイン、とはいえ浚渫は気まぐれ。さらには風が強いとエントリーすらままならない。タフになった状況も想定し別エリアで複数のミドルレンジも用意して臨んだのですが・・・。

 

連日残念過ぎるくらいに北~東にかけての強い風。風下の南岸は連日ガブガブ・・・。エレキはキャビり、たまに波をすくいながら必死に2.5mレンジの浚渫エッジに対しファットペッパーをキャストし続けましたが、連日ほぼノーバイト。二日目は気分転換に1mを切るシャローラットにキャストしたミノーにワンバイト!残念ながらキャッチできませんでした・・・。浚渫で苦を共にしたメンバーに聞いたところ、浚渫のポテンシャルは低く、厳しいコンディションだったようです・・・。その中で結果的に辛うじて生きていたのはフラット上だったようです・・・結果論ですが・・・。

 

ウネリで風下浚渫にステイができなくなってからは、連日風裏ミドルレンジにシフト。唯一キャッチできた1本は、真珠棚外壁の一番ごちゃごちゃしたスポットのボトムで抑え込むようにバイトした1匹。GW68CMP+Jのファストテーパーが抑え込みを違和感として伝えてくれました。バスのコンディションは良かったものの、20℃前後の適水温にも拘わらずフォールや横の動きに反応せずボトム=低活性。ここから素直にスローな展開にアジャストできればよかったのですが、これ程ロースコア戦になるとは思えず、強く押し切っちゃぃましたwww

 

IMG_5482

 

という感じでマイスタイルを押し切った結果、二日で1本でCLASSICを終えました。ダメダメな結果に折れてる場合ではないくらい、課題が見つかったのでこの冬から可能な限り霞に浮いて2018年に向け活動を開始したいと思っています。

 

【タックルデータ】

ネコリグ
ロッド:GW68CMP+J
リール:KTFアルファス フィネス
ライン:TORAY EXTHREAD 10ポンド+ルアーリーダー14ポンド

ファットペッパー
ロッド:ACESファストムービング プロト
リール:KTF アルファス NEO(ノーマルギア)
ライン:TORAY EXTHREAD 16ポンド
フック:ICHIKAWA FISHING RC KAMAKIRI

110mmクラスミノー
ロッド:GW68CMLJ、T-PMX65CLP+J
リール:KTFアルファスNEO(ノーマルギア)
ライン:TORAY EXTHREAD 13ポンド
フック:ICHIKAWA FISHING RC KAMAKIRI

キャリラバTG 1/2oz
ロッド:ACESプロト
リール:KTF  ABU Revo LTX KAHEN
ライン:TORAY EXTHREAD 12ポンド

3/4ozヘビーキャロライナ
ロッド:GW610CMHP+J
リール:KTFアルデバラン フィネス
ライン:TORAY EXTHREAD 14ポンド+ルアーリーダー12ポンド
フック:ICHIKAWA FISHING TG1

 


Like