Fly Fishing記事 | ティムコ

アンダーハンド釣行記

saigawaEyeC

2017.10.20

シンクティップシステムで犀川のレインボー

10月の半ばに長野の犀川で釣りをするからとT君とH君が誘ってくれたので車に乗せてもらい朝5:00に出発。高速で行けるのでさほど遠い感じはしないが、それでもやはり近くはない。ポイントはここら辺だと川の見える道を走って、コンビニに寄った。   ... more
seabassEyeC

2017.10.16

大雨の後のボートシーバス

今年もこの時期がやってきた。9月から11月のフライによる水面炸裂シーズン。今回は9月の祝日に初乗船。前日に大雨が降ったようで水はかなり濁っている。キャプテンは可能性のあるポイントを巡ってくれるがなかなか魚が出ない。この釣りは釣れるときは腕が痛くなるほど掛かってくるが釣れない時は本当に厳しい。   ... more
underhandEyeC

2017.10.03

エヴォテックキャスト390Mで9月末のイワナ釣り

9月の禁漁間際に信州の渓を訪れた。山を登り、崖を下りてたどり着くと源流らしく大岩が連続している。簡単には行けない所とはいえ自分が行けるという事は誰でもいけるということでもあるわけで、シーズン中それなりに人が入っていたのか、釣りはじめからしばらくは魚が全くいなかった。   ... more
photo1

2017.09.21

今年の夏の楽しみ

今年の夏は家の近くの川で雷魚を狙ってみた。雷魚は子供の頃は近くの池や用水路などに沢山いて、大学生位まではルアーだけでなくフライでも狙って釣っていたのだが、最近はまとまった生息場所が少なくなって、家の近くでは時々匹だけ見かけることはあっても、狙うほど数多くいる場所が無かったのだ。   しかし、昨年見つけた... more
photo1

2017.09.20

夏と秋の狭間の朱鞠内湖

今年の夏休みは道北に行ってきた。最初は枝幸の海でカラフトを狙ったが、カラフトマスは全くいなくて小さなソイが釣れただけ。夕方沖にサケの姿は少し見えたが、残念ながら近くには寄ってこなかった。その後渚滑川では、ビッグドライの釣りで幾つものニジマスを楽しむことができたが、コンディションも最高の一番いい魚はばれてしまい、キャッチできた良いサイズの魚は成魚放流ばか... more
UnderhandEyeC8

2017.09.05

木の下のライズ

真夏の北海道の川を釣りあがっていた。その日はなかなか魚が釣れなかった。ここぞと思うポイントでも魚の反応はなく、そういう時は魚がいないか、魚がいても、どのポイントも魚が釣れないので一生懸命歩いても状況が変わるとは思えなかった。あきらめながら最後のプールに来たとき、その日初めてのライズを確認した。   ... more
UH_CarpEyeC

2017.08.24

増水後の夏のカープフィッシング

天候の安定しない今年の夏。数日前に振った大雨の影響がなくなってから近所の川に行ってみた。増水の影響で川岸の草は倒れていたが、釣りには最適な水量になっていた。家で用意したチャミング用のパンを様子見で数個流すと鯉の口が水面にモコモコ現れ、期待ができると思った。しかし、この川の鯉は賢く、そう簡単にパンフライをくわえない。  ... more
UnderHandEyeC0803

2017.08.03

クロスS1で小渓流のブラウン

暑い日が続く真夏にブラウントラウトを狙って川を釣り上がっていた。その川の規模は小さいが大きなブラウンが釣れる可能性があるので、ロッドはクロスS1の590-4MFを選択。オプティドライフライリールにラインはエヴォテック85のWF5F。リーダーは、マルチライトリーダーのバットを1ftカットで11ftにして3.5Xティペットを70cmほど結んだ。 ... more
underhandEyeC12

2017.07.28

コカブダブルウィングで夏の北海道レインボー

7月に夏の北海道の川に立っていた。その日は本州のように蒸し暑い日でゴアテックスのウェーダーでも快適性は全くなかった。様々なポイントでフライを流すも魚は薄く、厳しい夏の釣りを久しぶりに体験した。そんな中、夕方前に寄ったポイントは水面が波立ち、酸素量が多そうで、暑い日でも可能性がありそうだった。   ... more
ChuzenjiEyeC6

2017.07.04

中禅寺湖爆釣? Part6  最後にドラマが!!

レイクの爆釣で始まった2017年中禅寺湖。季節の進みと共に色々な変化を感じてきた。6月中旬ともなると国道側の釣人は少なくなくシーズンも終盤だという事を感じる。沈める釣りは、苦戦が予想されたので今回はフローティングラインを忍ばせてきた。   とりあえず、沖にレイクが固まっているという噂があったので大尻から... more
UnderhandEyeC9

2017.07.04

信州の源流イワナ

6月の半ばに知人が誘ってくれ源流のイワナを釣る機会ができた。源流のイワナ釣りは自分にはあまり縁がなく、以前東北でよくイワナ釣りをしたが平坦な川が多かった。   ... more
photo3

2017.06.30

6月後半の中禅寺湖

6月の後半は17日(土)と23日(金)にそれぞれ中禅寺湖に行ってきた。その前の週にまだまだセミのピークはこれからといった感じだったので、今年は遅くまでセミの釣りが成り立つのではと思ったからだ。   6月17日(土)は前の週に気になったポイントに入ったが、朝から足元の駆け上がり沿いを泳いでいるブラウンを何... more
写真3

2017.06.20

中禅寺湖爆釣? Part 5

先週の屈辱をはらすべく、またまた6月10、11日に中禅寺湖へ。今回は泊り込みでの釣行。国道側に入る。風も無く穏やかな中スタートフィッシング。   ... more
大荒れ

2017.06.19

中禅寺湖爆釣? Part 4

もはや週一の恒例になった中禅寺湖通い。今回は天気予報で荒れる事が解っていたが、「荒れる=大物」を思い浮かべて足を運んだ。と言うのも以前に暴風雨の予報にも関わらず釣行した事があるがあるのだが(レインテストも兼ねて)、その時は見事に大物レインボーをキャッチしている。警戒心も薄れて人もいないので浅瀬に差してくる。今回も・・・。  ... more
photo1

2017.06.14

ぶらぶらセミブラ

6月の前半は4日(日)と10日(土)、11日(日)にそれぞれ中禅寺湖に行ってきた。毎年この時期はセミでブラウンを釣るのが楽しみだ。ハルゼミの鳴く初夏の中禅寺湖で、シケイダーフライにがっぽりと大口を開けて水面に出てくるブラウンを見たくて、ロッドを片手に湖畔をぶらぶらと歩いてやる気のあるブラウンを探すのだ。特に一昨年からウェアラブルカメラを持ち歩いている目... more

関連記事