Trout Fishing記事 | ティムコ

社員ブログ

②

2017.11.13

冬季釣り場めぐり | 荒川冬季ニジマスC&R区間

10月に入ってほとんどの河川が禁漁となった。釣りに行きたい。しかし釣り場が無い。そんなもどかしさで釣りにいけなくてイライラが積もっている状況。皆さん体験したことがあるのではないだろうか?禁断症状というものを。禁漁になって1ヶ月もたたないうちに、早くも禁断症状に見舞われた私はシーズン券を持っている友人について来てもらい、冬場でも釣りのできる秩父を流れる荒... more
サムネ

2017.10.24

秋鱒放浪記 その3

9月の最終週、最後の悪あがきで岩手の渓流へと足を向けていた。パーマークがばっちりと出た秋ヤマメが釣りたい!そんな贅沢を叶えにやってきた。朝の気温が5度前後と寒く、本当に終わり間際なんだと感じながら川へと向かう。   最初の川は初開拓の河川。禁漁間際にもかかわらずポイントにはアングラーの姿は見えない。貸切... more
⑦

2017.10.20

秋鱒放浪記 その2

前回悔しい思いをしたので再び木曽川水系へと向かった。あの時キャッチできなかったあの魚を越える魚を狙って川に向かっていく。ヘッドライトを装備して暗いうちに林道を歩いていくと、ガサガサと茂みが揺れて悲鳴を上げた... more
TasakiEyeC

2017.10.12

秋鱒放浪記 その1

10月に入って楽しかった渓流歩きも終わってしまった。去る9月半ばの釣行を振り返ってみる。9月前半の秋鱒調査ではいいアマゴを手にできてホクホクな私だったが、季節的には今回の9月半ばからが本番。更なる秋鱒を求めて木曽川水系へと訪れた。前回とは違い、今回のターゲットは最初からアマゴだ。朝夕はすっかり冷えこんだ山奥へと向かい、夜明けと共に入渓する。寒いのでこの... more
①

2017.10.10

水沼智宏 「秋ヤマメを求めて」

10月に入り、一部地域を除いて渓流シーズンも終了となりました。トラウトルアーマンにとっては寂しさもありますが、今シーズン出会えた魚を思い返してみたり、また来シーズンはどの時期にどこに行こうかと思いを巡らせている人も多いと思います。   9月下旬は秋化粧したヤマメに逢いたくて、宮城県内各河川を巡りました。... more
⑤

2017.10.03

十和田湖ヒメマス解禁

9月末の渓流禁漁と入れ替わりのように解禁を迎える十和田湖のヒメマス釣り。近年はメディアなどに露出する機会が増えてじわじわと人気が広がっていると思うのだが、私もその影響を受けて解禁を楽しみにしている一人だ。ライトタックルで数釣りが楽しめる上に、通常の渓流や湖の釣りとは一味違ったアプローチの方法なのでこれがまた面白い。さらには釣れる魚も婚姻色をまとって綺麗... more
BrownEyeC

2017.09.26

センチメンタルリバー

誰でも思い出のフィールドというものがあると思う。友と歩いた川だろうか?初めて魚を手にした川だろうか?メモリアルな大物を釣った川だろうか?記憶に残る美しい魚を釣った川だろうか?今回は私にとっての思い出の川の1つ、釣りのデビューをした長野県の川へと行ってきた。   私の本格的なトラウトルアーデビューは寒い2... more
⑤

2017.09.25

秋の魚を探しに

9月に入って渓流シーズンも最終盤。ここ数年の私の行動パターンとして、“春のサクラマス”と“秋のヤマメ”が二大ターゲットになっている。夜の冷え込みが強まり「ようやく秋ヤマメのシーズンが来たな。」そう感じる9月の始まりだった。   秋のヤマメは魚のいる川を探し... more
MizunumaEyeC

2017.09.25

水沼智宏 「台風鱒」

9月17日。日本列島を台風18号が通過し、各地で土砂崩れや河川の氾濫がおきていた。私の住む宮城では大きな被害は聞こえてこないものの、昼過ぎから降り出した雨は夜には風を伴って激しく降り続いていた。   翌日9月18日、台風は北海道に再上陸。宮城は晴天ではあったのだが、暴風警報が出ている状況。「果たして釣り... more
HiroseEyeC2

2017.09.22

社員の夏休み その6

廣瀬さんがいいアマゴを仕留めた翌日も早朝から川へ。最初は大物を狙って大場所に足を運んだものの、先行者がいたので後で入り直すことにして渓流へと向かった。目的の渓流に着くと程よい水量で魚が出そうな雰囲気。開始早々廣瀬さんにヤマメがヒット。   ... more
⑥

2017.09.21

社員の夏休み その5

高山の川を満喫した次は、夏休みの最終目的地となる福井へと向かう。「ティムコトラウト×福井」となると察しのいい方はわかったかもしれない。今回はプロスタッフの廣瀬さんと渓流釣りをしに福井へと訪れたのだ。九頭竜川でサクラマスをやるときは度々お世話になっていたのだが、一緒に渓流へ向かうのは初めて。   ... more
Staff4EyeC

2017.09.20

社員の夏休み その4

大移動を敢行した翌日は高山方面の渓流にいた。このときも下道でのロングドライブ。道中豪雨だったので「まさか高山の川まで濁流になっているのではないか?」とビクビクしながら向かっていたが、夜が明けると川はなんとか釣りになる濁りで一安心。疲れた身体を引きずって、友人と共に入渓していく。   少しの濁りと増水で、... more
③

2017.09.19

社員の夏休み その3

秋田の渓をあとにした翌日は岩手の猿ヶ石川水系へと向かった。現地で友人と合流後、有望そうな支流へ突入。こちらもまだ大雨の影響が残っていて、釣りはできるものの強めの濁りが入っている。   ... more
6929b940e4802cf13960acbb172247c22

2017.09.11

社員の夏休み その2

増水に悩まされた夏休みの始まりだったが、少し落ち着き始めたタイミングで新規開拓の沢へと向かった。ヤマメがいるのか?それともイワナだけの川か?ワクワクしながら車止めから出発する。熊に出会うことを恐れて、同行の友人と二人でうるさいくらいに熊鈴を鳴らしながら進んで行く。相変わらずの増水状態だったので、この日もシュマリ50FSで釣りを組み立てていくことにした。... more
②

2017.09.07

社員の夏休み その1

8月の終わりに世間よりも少し遅れた夏休みを迎えた。待ちに待った長期休暇に胸をときめかせながら、北へと車を走らせる。東京から目的地秋田まで600km弱の道のりを、文字通り一晩かけて下道で向かった。途中の仮眠をしながらだったので、到着は翌日のお昼前。あいにくの雨模様だが、魚の活性は上がっていそうだ。   ... more

関連記事