Trout Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

①

2017.10.10

水沼智宏 「秋ヤマメを求めて」

10月に入り、一部地域を除いて渓流シーズンも終了となりました。トラウトルアーマンにとっては寂しさもありますが、今シーズン出会えた魚を思い返してみたり、また来シーズンはどの時期にどこに行こうかと思いを巡らせている人も多いと思います。   9月下旬は秋化粧したヤマメに逢いたくて、宮城県内各河川を巡りました。... more
MizunumaEyeC

2017.09.25

水沼智宏 「台風鱒」

9月17日。日本列島を台風18号が通過し、各地で土砂崩れや河川の氾濫がおきていた。私の住む宮城では大きな被害は聞こえてこないものの、昼過ぎから降り出した雨は夜には風を伴って激しく降り続いていた。   翌日9月18日、台風は北海道に再上陸。宮城は晴天ではあったのだが、暴風警報が出ている状況。「果たして釣り... more
無題3

2017.08.29

フィールドモニター土谷英樹 「夏渓流で尺イワナ」

今年の夏はとにかくゲリラ豪雨が多く、釣り場の選定に悩まされる日が続く。そんな中、友達から渓流釣行の誘いがあり、彼の通う渓流へお盆休み後半に行くこととなった。お盆休み中に攻められた後の厳しい状況と、雨続きの渓流というハードルの高い釣りを覚悟していたが「いつもとは違う川に行ける!」と期待に胸を膨らませながら目的地へ。  ... more
BiwamasuEyeC

2017.08.25

琵琶湖北湖Part5 山本昌之 「60オーバーが狙えるビワマスレイクトローリング」

皆さんこんにちは。TIEMCOフィールドスタッフの山本昌之です。琵琶湖ではルアーフィッシングといえばもちろんバスフィッシングを思い浮かべる人がほとんどだと思います。しかし、ここ最近は琵琶湖の固有種ビワマスをターゲットにしたレイクトローリングを楽しむ方も増えてきました。ビワマスは名前の通りマス系の魚で、脂の乗りも... more
MizunumaEyeC3

2017.06.19

水沼智宏 「雨の源流」

6月初旬。前日の予報通り、朝から雨が降り続いていた。この日、釣友の片田さんと共にとある源流に向かう予定だったのだが、ちょっと不安になるような雨量で、目的地の天気予報を見ても降水確率は90%‥どうしようかと片田さんに連絡してみると、『まず行ってみませんか?』と声を掛けてくれたので、車に乗り込み川へと... more
image1

2017.05.30

水沼智宏 「藪を抜けたその先に」

5月下旬。真夏のような気温になった前日、前々日とは打って変わっての曇天に小雨。仕事の休みが取れたので宮城県の某渓流へと向かいました。到着したのは正午過ぎ。水量も若干高めで、タイミング的にはベストなはずとレインウエアと万が一の為の膨張式のライフジャケットを腰に巻きタックルを準備する。規模的には渓流域... more
image1-(3)

2017.05.17

水沼智宏 「本流ヤマメと沢ヤマメ」

ゴールデンウイークも明け、私の住む宮城も本格的に魚が動き出すシーズンになりました。仕事の忙しさもひと段落し、休みも取れたので、さてどこの渓流に入ろうか‥そろそろ本流ヤマメも動き出すのでは?でも連休でだいぶ釣られてるのでは‥などと色々と考えて釣友に相談してみたところ、気になる場所があるので行ってみま... more
渓流_虹鱒1

2017.05.10

フィールドモニター土谷英樹 「GWハイプレッシャーの中での本流イワナ」

5月4日、毎年恒例となっているゴールデンウィーク真只中の釣行。いつもの通い慣れた河川は、GWともなれば釣り人の多さに驚くばかり。今回は、いつもとは違う河川へと思い、飛騨の渓流・本流へ足を運んだ。   今年は雪解けが遅かったせいか、飛騨方面の河川は4月後半になっても雪しろの影響で水が高い状態が続いていたよ... more
image2

2017.03.02

水沼智宏 「渓流解禁!」

渓流解禁!渓流釣りが好きな人は、全員が待ちわびる日ではないでしょうか?私も数日前からそわそわし、Foxfireカウンターエイトスリングに道具を詰め込んだり、ボックスのルアーを入れ替えてみたり、どこの渓流に入ろうかと地図をみたり、解禁日までの準備も楽しんできました。ここ数... more
image2

2016.10.26

水沼智宏 「管理釣り場でトップウォーターゲーム」

ネイティブトラウトシーズンも終わり、何か楽しめる釣りがしたいと思い、手軽に釣りができる管理釣り場へと出掛けてみました。   午後からの釣りということと、すでに釣り人が数人いたため、巻いて釣れる魚はすでに釣られているだろうと思い、ばったろうでトップウォーターゲーム... more
image2

2016.09.12

水沼智宏 「逞しく生きる魚たち」

8月末、東日本、北日本を通過した台風10号。その被害は甚大で未だに復旧のメドすら立たない地域も多数。私の住んでいる宮城では昨年のシーズン終了間際の集中豪雨ほどの被害は無かったものの、台風の影響は大きく宮城の河川はどこも大増水し濁流であった。   9月4日。仕事を... more
サツキマス_EyeC

2016.05.27

フィールドモニター土谷英樹 「ライトニングウォブラーで美しいサツキマスとの出会い」

5月に入って各河川にてサツキマスの釣果情報が聞こえてくる中、私が通っている本流ではそれ までは良い情報を聞くことがありませんでした。釣友からの情報で、数週間ほど前に河口付近でサツキマスの釣果情報がポツポツあったと。今回の休日が、私が通っているポイント付近に溯上してくるころではと思い、日の出から気合を入 れて頑張ってみることに。 &n... more
TroutEyeC200

2016.05.25

ユーザーレポート 「シュマリでサツキ2連発」

「おめでとう!!」   目の前には日の光を反射して白銀に輝く美しいサツキマス。釣友である川口氏の笑顔も眩しい。写真撮影後、元気に元の流れに帰っていく魚を共に眺めてしばし余韻を楽しむ。   さあ、今度は自分の番!聞けば、すぐ下のポイントは対岸から別の釣り人... more
ilovepdf_com-1

2016.05.12

川口慶 「高原に咲くサツキ」

いい雨が降った週の週末。少し遅めに起きてしまった...。水位をチェックすると、やはり調度良い感じ! ティムコユーザーであり、自分の釣りの師である林氏と連絡を取り、共にサクラを咲かせようと山陰河川へと車を走らせました。現地に着くと、二人の思惑とは裏腹に川は真っ茶色...。釣りにならないと判断し、時間はかかるが隣の河川まで移動することに。... more
ilovepdf_com-2

2016.05.11

川口慶 「輝く流れの中で」

今年も、河川遡上のサツキマスのシーズンに突入し、増水が収まるたびに釣果が聞こえるようになってきました。GWも終わりに近づいた2連休、ようやく自分もサツキマス狙いで川に立つことが出来ました。   初日は、先ずは太田川からと早朝から勢い勇んで行ったものの、チェイスやバイトをキャッチにつなげられず気づけば夕暮... more

関連記事