Fly Fishing記事 | ティムコ

アンダーハンド釣行記

Fly Fishing  社員ブログ  アンダーハンド釣行記   夏の北海道釣り三昧 其の五「まさかの・・・」

2010.10.07

夏の北海道釣り三昧 其の五「まさかの・・・」

今回の夏休みの北海道釣行。出だしは今一つだったが西別川、知床、阿寒川と楽しむことができて、だいぶ満ち足りていたのでこの日はあまり釣れなくてもいいやという気持ちで、初日にやった上りアメマスの川を再び狙うこととした。
前回は日曜日、今回は土曜日ということもあってどちらも釣り人は結構多い感じだが、この時期はまだ上りアメマスには少し早い時期のようで、去年よりは釣り人が少ない。とはいっても朝一はそれなりに人がいるので、先行者のフライマンに声をかけてみると「魚は沢山いるけど、食いが渋くて全然口を使わないよ。」と、初日と同じような状況のようだ。
確かにこの川は水もクリアで渇水状態のまま。先日の雨で増水して多少濁りが入って活性が高まっていないかと抱いていた淡い期待はあっさりと打ち砕かれてしまった。

O

増水を期待したが相変わらずの渇水

まずは前回良さそうだったが、他の釣り人が常に入っていて入れなかったプールで釣りを始めることにすると、沢山の魚が見える。しかも結構大きくて太い。アメマスにしては大きすぎるようにも見えるので、「もしかしたらカラフトかサケが混じっているのではないか?」と思いながらも時々アメマスのハネも見られるので釣りを始めることにした。
・・・が、やはり釣れない。魚の目の前を何度も流しているが全く見向きもしない。今日はエッグに拘らずに色々なニンフを流しているが全然釣れない。一匹スレで釣れてしまった以外全く釣れないまま9時半をまわり、既に開始から4時間が経ち日もすっかり昇ってますます釣れそうに無くなってしまった。

そこで半分諦めつつもふと目についたTMC206BL#10に巻いたホットグルーエッグが気になった。「今回アピールの高すぎるエッグは良くないけど、これは半透明だから意外といけるかも」とダメモトで結んで、沢山見える魚の中でもかなり大きいサイズの少し上流にキャスト。いい具合に魚の近くに流れていくエッグが見える・・・とその魚が口を動かしたように見えた。
早合わせにならないように一呼吸おいてロッドを立てると魚が首を振った。「喰った。デカイ!」と急いで手元のラインをリールに巻きとっていると徐々に魚が走り出した。最初は上流の深みに向かい、何とかそれを凌ぐと今度は流れに乗って下流に走る。ロッドは満月になったまま、ワンダッシュでラインがドンドン出されるが、「幸いこのプールは小さい砂利底で大きな石は無い。対岸際には一部木の枝が水没しているところがあるので、そこに行かれさえしなければ時間をかけて何とかなるだろう。」と、この時点では魚をしっかり見ていないのでまだ冷静だった。(もしかしたら大きなオスのカラフトかサケがかかってしまったのではないかという気持ちもあった。)それから何回かのダッシュを何とか凌いで魚が多少弱ってきた頃には、ヒットした場所より20m位下流、大きなプールの真ん中位の浅場まで下ってきてしまっていた。

そこでやっと近くまで寄せた魚を見ると、サケかと思えるような大きなアメマス。長さは勿論だが体高や幅もあってイワナと同じ種類とは思えないような魚体だった。幸いフックは口の脇の外れにくい所に掛かっているのが見えて一安心だが、ここでファインワイヤーのTMC206BLだったことを思い出した。やばい、ここまでデカイとフックが伸ばされるかもしれない、予想以上の魚だったことにここにきて焦りが出てきた。
魚は大分弱ってきていて時々走っても直ぐに止められるのだが、この時使っていたロッドは5番、さすがにこのサイズの魚になると流れの中から引き寄せるだけでも一苦労で、もたもたしているとフックが伸びてしまうかもしれない。何度か寄せては走られるのを繰り返した後、ウィリーチェの一番大きなネット(リマイ)からはみ出しつつもキャッチしたのは、75cmのオスのアメマスだった。

O

まさかの・・・

O

この太さ!

今までアメマスはこの川でも阿寒湖でも道南の海アメでも、全て58cmまでしかキャッチしたことが無く、いつも60cmまであと2cmに泣いていたが、いきなり60アップを飛び越して75cmをキャッチしてしまった・・・。
その後はプールよりも瀬に付いている魚の方がフライへの反応が良いことに気づき、40cm台~58cmを10数匹キャッチと数も結構釣ることが出来た。この日の釣りは最初の一匹で満足していたが、さらに数釣りもでき至福の一日を過ごすことができた。

O

こんな何の変哲もない流れにもアメマスが沢山

O

50cm強、普通ならこれで十分

O

いつもの「泣き二尺」は今回も

本日のタックル
ロッド:OPST590-4
リール:EVOTEC FW2-6(旧モデル)
ライン:オプティストリームライン OSWF-F WF5F


その後も二日間あったが、既に十分に満足していたので、ドライブ&観光メインで釣りはその合間に少しだけ行い、チビニジマスやチビブラウン、チビヤマメと少し遊んで、夏の北海道を後にした。やっぱり北海道はトラウト天国!印象に残る釣りができた夏休みだった。


OGGY


Like