Fly Fishing記事 | ティムコ

アンダーハンド釣行記

Fly Fishing  社員ブログ  アンダーハンド釣行記   アンダーハンドで渓流のブラウントラウト

2016.10.06

アンダーハンドで渓流のブラウントラウト

北海道の7月のプールのブラウンで、4番ロッドでランディングに苦労したことから、ロッドをクロスS1の590MFに変えて、再度同じ地域へ行った。楽しみにしていったものの、その川は長く釣りあがっても1級ポイントはことごとく魚の反応がない。昨今の川は常に人が入り、簡単には魚は釣れないのはわかっているが。川の水は、水量はいいがちょっと冷たい感じだ。

 

かなり歩いたことで日が昇り若干水温が上がったのか、いい感じのポイント10箇所目くらいで、流れの間にできた緩いポイントにアンダーハンドでフライをキャストするとチュプッとフライが消えた。河畔林が多い川はクロスに攻めようとするとかなりの確率で背後のスペースはなくなる。こんな場所ではアンダーハンドが有効だ。

 

%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%88

 

 

すかさず合わせるとかなりのサイズのブラウンだ。こんなところにこんな大型がいるとは驚きだった。ブラウンは強い引きで対岸にへばりつき、何度か流れの中央まで寄せるがそこからなかなか寄ってこない。

 

%e6%b0%b4%e4%b8%ad%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%83%b3

 

 

フックはバーブレスだが、たぶん外れないだろうと思いファイト中に写真を何枚も撮った。しばらく根競べが続いた後、クロスS1を信じてランディングに持ち込もうとしたがロッドが背後の枝に当たり、再度やり直し。次のランディングでやっと浅瀬に寄せ、ランディングできた。5番ロッドにしたことで今回はうまく魚をコントロールできた。流れの中で育ったヒレがとても大きなブラウンだった。とてもいい魚にめぐり合えたため、この日はこれで納竿とした。

 

%e6%b8%93%e6%b5%81%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%83%b3

 

 

帰路ドライブをしているとジャガイモの花が印象的で写真に収めた。楽しいブラウントラウトフィッシングだった。

 

%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%a2%e7%95%91

 

【タックルデータ】

ロッド:クロスS1 590-4MF
リール:オプティドライフライ右巻き
ライン:オプティストリームWF5F
リーダー:OH&Dシングル11ft3X
ティペット:アクロンミスティ3X80cm
フライ:テレストリアル#10

 

近藤記

 

 


Like