Fly Fishing記事 | ティムコ

アンダーハンド釣行記

Fly Fishing  社員ブログ  アンダーハンド釣行記   シンクティップシステムで犀川のレインボー

2017.10.20

シンクティップシステムで犀川のレインボー

10月の半ばに長野の犀川で釣りをするからとT君とH君が誘ってくれたので車に乗せてもらい朝5:00に出発。高速で行けるのでさほど遠い感じはしないが、それでもやはり近くはない。ポイントはここら辺だと川の見える道を走って、コンビニに寄った。

 

犀川

 

川に行く道すがら、秋らしく柿が実っていて、本格的に寒くなる前の温かみを感じた。いくつかのポイントを見て回るものの、ここ数日の雨で川は増水して濁っている。しかし釣りにはなる濁りだと感じた。

 

長野柿

 

T君とH君は釣りを見たいというので、まずシングルハンドのニンフの釣りをしてみた。魚が居そうな流れをドリフトさせてみるがさっぱりアタリがない。聞けば流している場所は普段あまり水がないという。初めての場所は勝手がわからず手探り状態が続く。魚が釣れないのでポイントを変え、今度はロッドをGASS6122でダウンの釣りをすることに。本流のニジマスということで時期的にフローティングラインは難しいと思い、OH&DチェンジャブルDH6番のフローティングボディ+シンク4 tipにアクロンミスティ02X 1.2mに2X・80cmを繋げフライを結んだ。フライは黒のストレッチボディを用いたリーチパターン。

 

BHリーチ

 

このポイントでも2人は釣りを見るというので、簡単に説明しながら釣り下るとアタリが。最初のアタリはのらず、数投後に再びアタリがあり今度はうまく掛かった。意外に魚は大きくリールが数度逆転。最後は浅場に誘導してランディング。以前、桂川用に考えたリーチパターンが犀川でも効果的だった。

 

犀川レインボー1

犀川レインボー2

 

その後ポイントを変え2人も釣りを楽しんでいた。この日は連日の雨の中でわずかに晴れ間が見える日でこの週では一番釣りがしやすかったと後になって思った。

 

T君レインボー

 

紅葉はまだという山々を眺め、早めに帰路に就いた。

 

【タックルデータ】

ロッド:GASS6122
リール:オプティランナー
ライン:OH&Dチェンジャブル23g6Fボディ+シンク4 tip
リーダー:アクロンミスティ02X+2X(ティペット2段のみ)
フライ:TMC3761#8のビーズヘッドストレッチボディリーチパターン

 

近藤記

 


Like