Saltwater Fishing記事 | ティムコ

野呂 昌明

Saltwater Fishing  プロスタッフ  野呂 昌明   オーシャンドミネータースローでタラ大爆釣!

2013.05.22

オーシャンドミネータースローでタラ大爆釣!

みなさんこんにちは!!

今回は、茨城県日立沖のタラジギングに行って来ました。

5月も半ば過ぎというのに、まだまだ茨城県の朝は肌寒いこの日、いったん終息したタラが最近の水温低下でまた釣れ出したといつも行きつけの船宿の船長さんから連絡を受けました。このタラのポイントはなかなか条件がそろわないとエントリー出来ないポイントだと聞いていたので、釣行当日まで天気予報とにらめっこ状態でしたが、前日まで強く吹いていた風も奇跡的に止んでくれ、出船となりました。

ポイントは日立沖の130mライン。遠浅のこのエリアですからかなり沖合いまで走りました。

セットしたジグは『オーシャンドミネータースロー150g Pi/グロードット』。
使用したロッドは『オーシャンドミネーターOD64CM』。

DSC_0258

130mのボトムまでジグをフォールさせます。Pi/グロードットを選択したのは、まずは、同船者よりもジグを目立たせたかったからです。タラは見かけによらずとても獰猛な魚で、視界に入った獲物を果敢に襲い、捕食します。この習性に訴えて、ジグのカラーを選択してアプローチしてみました。

すると着底後、アクションを開始するとすぐにガツン!!と押さえ込むバイトを捕らえました。130mからタラを引き上げてくるのは一苦労かと思いましたが、『オーシャンドミネーターOD64CM』のロッドパワーのアシストもあり、すんなりと浮上させることが出来ました。キャッチできたタラは、3kgほどのアベレージサイズでした。

このヒットを皮切りに、『オーシャンドミネータースロー』の独壇場となりました。ジグを落とす度に毎回のヒット!!同船者が1匹釣る間に、私は3匹~5匹釣り上げていました。『オーシャンドミネータースロー』の動きと、他にはないジグのカラーリングの効果を存分に発揮した瞬間でした。

タラジギングは1時間ほどで、クーラー満タンになり、ティムコタックルのおかげで、まさに入れ食いを味わえる事が出来ました。

当日のタックルデータ
ロッド: オーシャンドミネーターOD64CM
リール: ジギング用ベイトリール200番
ライン: PEライン0.8号
リーダー: ナイロン 25lb
ルアー: オーシャンドミネータースロー150g Pi/グロードット

 


Like