Trout Fishing記事 | ティムコ

社員ブログ

Trout Fishing  社員ブログ   渇水の北関東へ

2017.06.19

渇水の北関東へ

GWからの一ヶ月、思うような釣果に恵まれない私は大物を探しに利根川へ。関東近郊はどこも渇水の中、潤沢な水量を保ち続けている利根川。下流部で利根マスの遡上の噂も聞こえてきていたので、あわよくば関東サクラマスを!と息巻いていた。前日まで朝昼晩に水位計とライブカメラとにらめっこしながら、当日を良いタイミングで迎えた。。。はずだったのだが、夜中に山のほうで雨が降ったようで、朝になり川を覗くと泥濁り状態。水位も高くて本流は釣りができる状態ではなく、私は思い切って大移動を敢行した。

 

途中いくつかの河川を覗きながら良さそうな場所を探したが、どこも渇水で厳しそうな印象。結局たどり着いたのは県を越えた鬼怒川水系の支流となった。ここも例に漏れず、渇水状態であるが真夏の渇水期でも魚が出るのがこの支流の強みだ。

 

①

 

到着がお昼とあって先行者の足跡もちらほら。運がいいことにポツリポツリと小雨も降ってきて、魚の活性が上がりそうな雰囲気。川から離れてのアプローチがしたいので、ルアーはシュマリ50FSからスタート。さっそく浅瀬から魚のチェイスがあるものの、バイトまで至らず。先行者のプレッシャーか、渇水のプレッシャーかわからないが、魚は相当ナーバスなようだ。それでも最初の深みのあるポイントでヤマメがヒット。

 

②

 

その後もぽつりぽつりと反応を得ながら、少しでも深みがあればこのサイズが果敢にルアーにアタックしてきてくれて楽しい展開に。レンジが深いようで、今回は50FSの独壇場。根がかりを回避するために、途中で50Sや55Fも挟んだが反応が薄く、バイトがあってもミスバイトばかり。着水してからカウントダウンで50FSを沈めて、中層以深を引いてくると反応がとてもよかった。そんな中この日初めてのイワナ。

 

④

 

ここでルアーカラーを変えてみた。すると途端に反応が悪くなり、バイトは愚かチェイスも激減。数色をローテーションしたのだが、驚くほどに反応が悪い。

 

⑤

 

苦労して1匹釣れたのだが、あまりに反応が違いすぎるので、再びルアーカラーを200レッドベリースモルト+にすると再び釣れだした。今日のパターンは50FSに200レッドベリースモルト+に決定!

 

⑦

 

この後も順調に数を伸ばしていき、気づけば10を超える数に。こうやって数が釣れだすと、サイズが欲しくなってきた。釣り人の悲しい性である。そんな欲望を心の中で育てていると、この日一番良さそうな雰囲気の瀬に差し掛かった。水深もあり、沈み石も多いうえに流速がとても良さそうだ。瀬尻にアップでアプローチをすると、この日一番の重量感が手元に。

 

⑧

 

 

瀬尻で綺麗な尺イワナを手にした後は、瀬頭の落ち込みの攻略だ。渇水といえども、深いレンジで魚が反応しているので、魚にレンジを合わせるために根がかり覚悟でルアーを沈める。心の中で数えたほんの2,3秒がとても長く感じた後に、ルアーにアクションを付け始める。流れのヨレからルアーが出たところで、ルアーの動きが止まった。再び魚と繋がった興奮と、遠目でローリングする魚を眼にした興奮と、どちらが大きかったか私にもわからない。

 

⑨

 

水中で暴れる姿から尺ヤマメを確信していたのだが、残念ながら少しサイズが足りなかった。それよりも私が目を引かれたのは側部の中心を彩る、鮮やかなオレンジ色だ。レインボーほどではないものの、ヤマメにしては珍しく鮮やかな色が出ていた。このあとアベレージサイズのヤマメを数匹釣って納竿とした。この渇水期に思いがけなくいい釣りができて、最高の休日となった。

 

【タックルデータ】

エンハンサー58ML
シュマリ50FS
シュマリ48S
シュマリ50S

 

スタッフ田崎

 


Like