Trout Fishing記事 | ティムコ

社員ブログ

Trout Fishing  社員ブログ   冬季釣り場めぐり~秋雨の多摩川

2017.11.24

冬季釣り場めぐり~秋雨の多摩川

シーズン中に何度か紹介したように、私の住む近くには多摩川が流れている。その多摩川、ありがたいことにニジマスの漁期が12月までなのだ。C&Rや冬季釣り場というよりは普段の渓流の延長戦といったところだろうか。シングルフックやバーブレスフック使用などのルアーの泳ぎに関係する規定も無いし、何より区間の指定が無いのがとても嬉しいところだ。漁協の管轄区内ならどこでも釣り可能なので、ポイントがシーズン中と全く変わらない。シーズン中に探し出したポイントをそのまま使えるし、その逆でこの時期に見つけたポイントを来春から使える。シーズン中に使った年券もそのまま使えるのでお財布にも優しい。

 

ざっと紹介した多摩川だが、10月に入り早速秋の多摩川に足を運んだ。冷え込みの強くなったタイミングで雨が降った日だったので、魚の活性がどうなっているのか気になっていたのだ。最初はシュマリ50FSからスタートし、魚の潜んでいそうな淵をいくつか探るが反応がない。ライトニングウォブラー5gに変え、スピードとレンジを下げるとアタリを得られたので、もう少しルアーの泳ぐ速度を落としたところ狙い通りヒット。

 

①

 

 

その後もポツリポツリと反応があり、瀬の続く区間に差し掛かった。瀬に入っている魚は活性が高いので釣りやすいのもあるが、瀬の中で魚が走りヒヤヒヤしながらのファイトが楽しいので、瀬は私の大好物だ。

 

②

 

 

流芯に向けてルアーを送り込んでいく。しかし、スプーンでは飛び出てしまうのでミノーにチェンジ。流芯を少し抜けたところで小気味の良いバイトが得られた。ヒット後に見事なジャンプを披露してくれたヒレの綺麗なニジマス。

 

③

 

 

このあと反応が無いので、再びスプーンにチェンジ。寒さで反応するレンジと速度が下がったのではないかと思い、底まで沈めてゆっくり探っていく。ルアーが泳ぐ最低限の速度で動かしながら、時折リーリングを止めてスプーンをフォールさせて誘う。岩の後ろでフォールさせたときにバイトがあったので、次のキャストでもっと沈めてフォールさせるとしっかりフッキング成功!

 

④

 

 

この日はミノーもスプーンもゴールドベースのものにアタリが集中した。そんな中、大きな淵でヤル気満々な魚が何度もチェイスしてきたのだがなかなかヒットまで持ち込めない。いろいろ使ったのだが、最後は誰も使っていなさそうなカラーでヒットに持ち込めた。

 

⑤

 

 

私は以前からベタ塗りやマッド系の光り過ぎないカラーが好きなのだが、この日も効果的だったようだ。光物系のカラーほどの集魚力は無いが、居場所のわかっているスレた魚にじっくり見せてやると効果的だと思う。この日は半日ながら予想以上に魚が釣れていい釣行になった。次はもう少しサイズアップできたらと思うのだが、そこは多摩川。無念にもボウズの予感もしてしまうのであった。

 

【タックルデータ】
エンハンサー RIVER TREK EH64ML
シュマリ50FS
 94HGアカキンオレンジベイリー+
ライトニングウォブラー
 3.5G 208コットンキャンディー
 5G 302ハンマードゴールド/レッド
 7G 305ハンマードゴールド/GR/OR

 

スタッフ田崎

 


Like