Trout Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Trout Fishing  プロスタッフ  フィールドインフォ   水沼智宏 「渓流解禁!」

2017.03.02

水沼智宏 「渓流解禁!」

渓流解禁!渓流釣りが好きな人は、全員が待ちわびる日ではないでしょうか?私も数日前からそわそわし、Foxfireカウンターエイトスリングに道具を詰め込んだり、ボックスのルアーを入れ替えてみたり、どこの渓流に入ろうかと地図をみたり、解禁日までの準備も楽しんできました。ここ数年は仲間と一緒に解禁釣行をすることが楽しみで、今年も仲間と共に宮城のとある渓に立ちました。

 

例年よりは少ないものの、雪がまだまだ多く残る源流域。約半年ぶりになる渓流の景色や雰囲気を感じながら釣り上がっていくと、程なく今シーズン初の渓魚に出会うことができました。

 

image2

 

まだサビの残る素晴らしく綺麗なヤマメ。ずっと見ていたいくらいの魚でしたが、弱らないように撮影後は速やかにリリース。仲間と交代してさらに釣り上がるとすぐに仲間にも良型のヤマメがヒット!2人とも魚が見れたので気分も軽くなり、楽しみながら上っていくと明らかに魚が居そうなポイントを発見!仲間が譲ってくれたので、この日好調のシュマリ44Fをキャストし潜らせてから軽くトゥイッチを掛けるとすぐに魚が喰ってきた!!

 

image1

 

色が濃くてマダラが多い綺麗なヤマメ!こんな魚に出会えると、渓流の魚はサイズだけじゃないなと感じます。その後も2人それぞれ数匹の釣果に恵まれ、大満足の解禁日釣行。仲間と自然に感謝しながら少し重くなった脚で山を下りました。

 

今季新製品のシュマリ44F。シングルバーブレスフックを標準装備したフローティングミノーで狭い沢や水深のないポイントの攻略には欠かせないルアーです。また、ロッドの角度や引き方を変えれば潜ってくれるので、釣り上がっていく途中で水深があるポイントが出てきてもルアーチェンジせずにそのまま攻略できてしまう、使い勝手のいいミノーでもあります。

 

1.7グラムですが飛距離もかなり稼げるのでボサ川や夏場の渇水期にも大活躍してくれそうな楽しみなルアー!48S、50FSと共に、今シーズン多くの魚との出会いを演出してくれると思います。

 

 


Like