株式に関するお手続きについて

お手続き一覧

株式に関するお手続きを行う場合、そのお手続き内容によってお問い合わせ先が異なっております。誠にお手数ではございますが、下記一覧をご欄いただき、該当するお問い合わせ先にご連絡ください。

主なお手続き内容 お問い合わせ先
住所・氏名・名義等の変更 口座をお持ちの証券会社等
お取引口座のある証券会社等にお問い合わせください。
なお、特別口座(特定口座とは異なります)の株式の場合は、
下記証券代行にお問い合わせください。
株式の残高照会
配当金の受領方法の指定
未受領の配当金の照会 三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
〒137-8081 東京都江東区東砂7-10-11
TEL 0120-232-711 (土・日・祝祭を除く9:00~17:00)
URL http://www.tr.mufg.jp/daikou/
単元未満株式の買取請求
郵送物等の発送・返戻照会
特別口座から一般口座への振替
株式事務に関するお問合わせ

注) 株式が「特別口座」に記載されている場合には、上記のお手続きは全て三菱UFJ信託銀行にて承ります。

特別口座についてのご説明

特別口座とは

2009年(平成21年)1月より実施された株券電子化により、証券会社を通じて管理されている単元株式は、全て証券保管振替機構(ほふり)に預託管理されています。しかしながら、実際にはタンス株や単元未満株など、証券保管振替機構に預託されていない株式も存在し、これらの株式の権利を保全する目的で設けられたのが「特別口座」です。
「特別口座」で管理される株式をお持ちの場合には、できるだけ早く証券会社を通じて証券保管振替機構に預託することをお勧めしております。

特別口座に関するQ&A

Q1 「特別口座」というのは「特定口座」のことではないのですか?
「特別口座」と「特定口座」は言葉が似ていますが全く別のものです。「特別口座」は上記の説明の通り、証券保管振替機構に預託されていない株式を保全する口座です。一方、「特定口座」は、投資家の申告・納税をサポートするために設けられたもので、多くの方が証券会社等のお勧めにより申し込まれていると思います。この申告・納税のサポートのない普通の証券取引口座を「一般口座」といいます。
Q2 私の株は特別口座に入っていますが、申し込んだ覚えがありません。
「特別口座」で管理されている株式は、2009年1月にタンス株のままの状態で株券電子化を迎えた株式がその多くを占めます。それらの株式は、株主の意思に関係なく自動的に「特別口座」の管理に移行しています。ティムコ株式の場合は、三菱UFJ信託銀行に「特別口座」が設けられています。 また、証券会社を通じて漏れなく株式のお手続きを行っている場合でも、単元未満株(100株未満)が含まれる場合には、その単元未満株のみ自動的に「特別口座」に入り、単元株(100株以上)は証券保管振替機構に預託されます。
Q3 特別口座に株式を入れたままだと何か問題がありますか?
このまま株式を「特別口座」においていても、議決権や配当の権利は確保されているので、株主総会の招集通知も届きますし配当金も支払われます。
しかしながら、「特別口座」からは株式の売買ができないことになっています。株式売却の際には、証券会社のご自身の取引口座に株式を移転するお手続きが必要となります。お手続きをご希望の場合には、上記の三菱UFJ信託銀行のお問い合わせ先までご連絡ください。
Q4 特別口座に単元未満株式があります。どうすればよいのですか?
単元未満株式に関しては、Q2の回答にも書かれている通り、全て「特別口座」にて管理されています。単元未満株式のままでは売買できませんので、当社で買い取りをいたしております。買取請求をご希望の場合には、上記の三菱UFJ信託銀行のお問い合わせ先までご連絡ください。