Polarized Glasses Sight Master Lens Color

Sight Master

偏光サングラスは、太陽光線の量によって掛け替える事がベストです

単純な話ですが明るく眩しい時は暗目のカラーを、暗い時は明るいカラーを基本としてください。 釣りの種類やスタイルによって替える必要はないと思っています。 サイトマスターでは最初の一本として、コントラスト(濃淡)が出やすく、人間が明るく感じるブラウン系カラーを薦めています(特殊な場合を除く)。 コントラストをはっきり出す事により、魚や障害物をより見分けやすくするためです。

また、釣りをする上で、暗く感じると言う事はとてもストレスになり、延いては釣欲を減退させかねません。 サイトマスターのレンズカラーを検討するにあたり、最も注力している事でもあります。 さらに釣場の状況に対応できるように、可視光線透過率の違うレンズを揃える事をお薦め致します。

ディープブラウン
(両面マルチコート)

ディープブラウン(サイトマスターレンズ)
  • 可視光線透過率20%のレンズでこれだけ明るく感じるレンズは他に類をみません(当社比)。 眩しさを抑えながら明るく感じるこの矛盾を高い次元でクリアしたレンズと言えるでしょう。 クリアーなリザーバー、澄潮のエギングや南国でのオフショア、また、夏場のアユ釣りにもお薦め致します。
  • 最適な用途
    • 晴れ
    • 湖・海・中・下流域河川
    • ハイライト時のサイトフィッシング
  • スペック
    • 可視光線透過率20%・偏光度99%以上

スーパー・ライトブラウン
(両面マルチコート)

(サイトマスターレンズ)
  • サイトマスターいち押しのカラーです。曇りがちな光量が少ない日は、暗くなるのがいやだから偏光グラスは外してしまう方もいると思います。 このライトブラウンは、他社で販売しているブラウン系のどのレンズよりも明るく感じられるはずです。 偏光機能と明るさを高次元でクリアしているバランスの取れたレンズです。くもりの日に最も威力を発揮しますが、晴れの日にも勿論対応できます。 最もオールラウンドに使用できるレンズであり、初めの1本としては、このカラーをお勧めいたします。
  • 最適な用途
    • くもり
    • 渓流・湖・海
    • サイトフィッシング全般
  • スペック
    • 可視光線透過率34%・偏光度95%以上

ラスターオレンジ
(両面マルチコート)

ラスターオレンジ(サイトマスターレンズ)
  • 明るさとコントラスト性能の絶妙なバランスが、動きのあるシーンでも高精度な立体感を実現します。サイトマスターのラインアップの中ではイーズグリーンとスーパーライトブラウンの中間とも言える位置付けとなり、明るさを確保しながらも高い偏光度を実現しています。
  • 最適な用途
    • くもり・雨
    • 渓流・湖・海
    • ミディアム~ローライト
  • スペック
    • 可視光線透過率36%・偏光度95%以上

イーズグリーン
(両面マルチコート)

イーズグリーン(サイトマスターレンズ)
  • 「イブニングで使用できる偏光サングラスはありませんか」という要望に答えて開発したレンズです。 一般にイブニングにはイエロー系のレンズが明るく感じるので良いとされてきました。しかし、これは人間の目が明るく感じているだけで、見えているという錯覚に陥っているのです。 まして、目にきついイエローを掛け続けることは、大変目が疲れてしまいます。サイトマスターは、人間が最も明るく感じる波長にピークを設定。 自然な色合いを残しながら、光量の少ないときに視界を確保することができる黄緑色を採用しました。
  • 最適な用途
    • くもり・雨
    • 渓流・湖・海
    • ローライト時
  • スペック
    • 可視光線透過率44%・偏光度90%以上

ライトローズ
(両面マルチコート)

ライトローズ(サイトマスターレンズ)
  • 曇天用サイトフィッシングレンズ。 キーワードはナチュラル・コントラスト・インディケートの3つ。 特にナチュラル感にこだわり、できるだけ自然(レンズカラーではグレー系)に近い視界を確保しました。 コントラストが出ながら暗く感じない絶妙なカラーです。 サイトフィッシング以外では、白系や蛍光色のカラーが浮き出しやすいので、ウキやラインの動きでアタリをとるようなフィッシングスタイルにもお薦めです。
  • 最適な用途
    • くもり
    • 渓流・湖・海
    • サイトフィッシング全般
  • スペック
    • 可視光線透過率34%・偏光度95%以上

スーパー・セレン
(両面マルチコート)

セレン(サイトマスターレンズ)
  • クリアーウォーターでのサイトフィッシングにおいて絶大なる威力を発揮します。 青い波長の光をカットし赤い波長の光を強調する事によって、よりコントラストがでて、魚は勿論、障害物や藻などを認識しやすくなります。 また、赤色がより赤く見える効果もありインジケーターなどもより赤く認識することができます。光量の多い時により一層効果を発揮してくれます。
  • 最適な用途
    • 晴れ
    • 湖・海・中・下流域河川
    • サイトフィッシング全般
  • スペック
    • 可視光線透過率24%・偏光度99%以上

スーパー・ライトグレー
(両面マルチコート)

ライトグレー(サイトマスターレンズ)
  • 光の3原色の中点のグレーは、最も裸眼の感性に近く自然な色に再現してくれます。 水中での魚影などの情報はややブラウン系に劣りますが、よりナチュラルに見える為、水深や水底などの質感が最も把握し易いレンズです。 晴れた日の眩しさを優先に防ぎたい時の使用にお勧めです。
  • 最適な用途
    • 晴れ
    • 湖・海・中・下流域河川
    • オープンウォーター
  • スペック
    • 可視光線透過率34%・偏光度99%以上

ライトブラウン・シルバーミラー
(裏面マルチコート)

ライトブラウン・シルバーミラー(サイトマスターレンズ)
  • ライトブラウンではちょっと眩しいけれど、ディープブラウンではちょっと暗い。 こんな時に威力を発揮します。眩しさをある程度抑えながらコントラストを出したい時の使用をお薦めします。 オープンウォーターや中流より下流の開けた場所での使用に適しています。
  • 最適な用途
    • 快晴
    • 湖・海・中・下流域河川
    • オープンウォーター
  • スペック
    • 可視光線透過率25%・偏光度95%以上

ライトグレー・シルバーミラー
(裏面マルチコート)

ライトグレー・シルバーミラー(サイトマスターレンズ)
  • ライトグレーは、ライトブラウンに比較すると眩しさを抑える効果が高いカラーです。 ある程度光量がある時の使用をお薦めします。 自然なカラーに見えるのもライトグレー・レンズの特徴です。快晴時の使用に適しています。
  • 最適な用途
    • 快晴
    • 湖・海・中・下流域河川
    • オープンウォーター
  • スペック
    • 可視光線透過率25%・偏光度99%以上

イーズグリーン・シルバーミラー
(裏面マルチコート)

イーズグリーン・シルバーミラー(サイトマスターレンズ)
  • 通常のイーズグリーンは曇りの日や朝方、夕方などの光量の少ない時用であり、やはり晴れに近づくにつれ眩しさを感じてきます。シルバーミラー加工を施すことによって、イーズグリーンの色合いを変えることなく眩しさを抑えることができ、かつ独特の自然な明るさの視界を得ることができます。
  • 最適な用途
    • くもり
    • 渓流・湖・海
    • ミディアムライト~ローライト時
  • スペック
    • 可視光線透過率35%・偏光度90%以上

サイトマスターの見え方



大森貴洋プロが語る 「私がサイトマスターを選ぶ理由」


ベーシックレンズカラーローテーション動画【解説:バスプロスタッフ山岡計文】


高橋祐次プロが語る「鮎釣りにおける偏光グラスの重要性&レンズ使い分け術」