Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishing  プロスタッフ  フィールドインフォ   中部エリアPart9 高橋章仁 「12月下旬の厳冬期リザーバー、プライベート釣行」

2017.12.27

中部エリアPart9 高橋章仁 「12月下旬の厳冬期リザーバー、プライベート釣行」

皆様、こんにちは!フィールドスタッフの高橋です。時間が経つのは早いもので、2017年も残すところあと僅かとなりました。現在JONSTYLEは、奥矢作湖の水位低下の影響もあり冬季休業中となっております。営業再開予定は2018年3月頃を予定しております。何卒、ご理解頂きますようお願い申し上げます。

 

休業中の時間を利用して現在は、ジョンボートを使った矢作川水系のリザーバーガイドを行っております。厳冬期のリザーバーはとても難易度が高く正直なところ、釣果はあまり望めません。しかし、厳冬期だからこその様々な発見があるのも事実。私自身、冬の釣行から得たものは沢山あり、間違いなくスキルアップに繋がると感じております。ご興味のある方はお気軽にご連絡下さいませ(^^)

 

今回は、12月下旬の厳冬期リザーバーに今年一年の締めの一発を求め、プライベート釣行にて浮いてきました。この時期になると、水温は最低水温期を迎えます。

 

2017-12-26-11.43.07

 

この日の水温は5℃台。寒っっっ!こうなると、水はスケスケにクリアアップ。水温が8℃を下回った状況では、極端に口を使わなくなる傾向が出てきます。しかし、ビッグフィッシュは真冬でもしっかりと動き、目視で確認することも多々あります。朝イチ、フィーディングタイムはブラインドでの展開。ビッグベイト、フットボール、ミドスト・・・適材適所でのルアーセレクトで基本はミドルレンジのカバー周り、時にはボトムを探っていくも・・・無し。やはりそう簡単にはいきません。

 

魚の気配も水深のあるエリアのミドルレンジに多く見受けられ、厄介な状況。無反応のまま時間は流れ、気付けば終了まで残すところ1時間。ここからシャローのサイトフィッシングに切り替え魚を探していくと、一本のグッドサイズを発見。慎重に追いかけ、時を見計らってアプローチ。そして、バイト!

 

2017-12-26-11.42

 

上がってきたのは53cmのビッグバス。6lbラインでのファイトでしたが、ハイバランスに仕上がったゴールデンウィングの柔軟性のおかげで難無くゲットすることができました!この、シャープなキャストフィール&掛けたら曲がって戻る絶妙なバランス。本当に良いロッドです。なんとか締めの一発をゲットし、ほっとしての終了となりました。

 

今冬からフォックスファイアー/ディメンションDSカモジャケットとディメンションDSパンツを導入したのですが・・・あまりの快適さに驚いております。高い防寒性はもちろんのこと、立体裁断パターンによる動きやすさは感動ものです。動きの多いバスフィッシングでは、ウェアも重要なタックルの一つです。おすすめです!

 

一つお知らせがあります。2018年1月28日に奥矢作湖環境美化活動を行います。

 

2017-12-26-12.57詳細はこちらをクリック⇒2018 奥矢作湖 環境美化活動

 

奥矢作湖に限らず各地の釣り場は、様々な方のおかげがあって楽しむことができております。魚釣りが出来るのは決して当たり前なことではありません。私は、そういった方々へ少しでも恩返ししていきたいと考えます。その一つに水辺の環境美化活動が上げられます。いつまでも魚釣りが出来る環境を残していくためにも是非、皆様お気軽にご参加下さい。当日は、ティムコ新製品展示イベントも行います。NEWモデルに一足早く触れます。当日はメーカースタッフも来店されるため、面白いお話を聞くことが出来るかと思います。

 

今年の5月にオープンしたレンタルボートJONSTYLEですが、予想を大きく上回る数のお客様にご来店して頂く事ができました。これも、ここまでご協力して下さった地域関係者を始めとした多くの方々のおかげだと心から感じております。本当にありがとうございました!!来年も多くの方々に喜んで頂けるよう精一杯頑張っていきますので、皆様今後ともレンタルボートJONSTYLEと私高橋をどうぞよろしくお願い致します。それでは皆様、良いお年をお迎えください。

 

2017-12-26-11.47.59

 

【タックルデータ】

ヘビーダウンショット
ロッド:ゴールデンウィング66CLJ(B.F.S)
リール:アルファスAIR-L7.1
ライン:6lbフロロ
シンカー:7g
ルアー:ピンテールワーム

 


Like