Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishing  プロスタッフ  フィールドインフォ   琵琶湖Part17 日置隆宏 「B.A.I.T. 1 Dayシリーズレポート」

2018.03.09

琵琶湖Part17 日置隆宏 「B.A.I.T. 1 Dayシリーズレポート」

毎度!ティムコプロスタッフの日置です!皆様今シーズンもよろしくお願いいたします!恥ずかしながら、初バス、プラ無しで挑戦した3月4日のB.A.I.T. 1 Dayシリーズのレポートです。

 

ここ最近、仕事ばっかりしてきので、どうせ休みを取って釣りに行くなら緊張感のあるトーナメントで釣りをした方がいいかなと思いまして前日に出ることに決めました。もし釣れなくても、大会なので上位入賞者のコメントが聞けますし、大会はプラスになる事が多いです。IMG_20180305_130052614

 

当日、まずは好きな下物の浚渫へ。水温は9度台。前回2月の出たときは3度台だったので表面だけかも知れませんが釣れそうな水温と思いながら、パワーグライドジグ3/8+ゲーリーテーパーテイルで釣りをスタート。使う理由は、春先に有効なのは勿論ですが自分が好きなのが最大の理由です。浚渫の上か下かウィードかハードボトムかどこで釣れるか意識しながら釣って行き、浚渫を上がってきた所にあるウィードを優しく外したのに「カン!」と言う石に当たった様なのが伝わり、直後微妙な重みを感じ初アタリ初バスをキャッチできました!初バスは、やっぱり嬉しいですね!

 

ロッドは、ゴールデンウィング610CMHP+を使っています。軽くて感度も良くウィードがほぐし安いティップになっていて好きで使っています。その後、微妙なアタリがあったぐらいで、無風から微風になったのでシャローも見たかったので下物内湖でシャロークランクをしますが何も無く、また下物浚渫へ。

 

DSC_0393

 

次の場所では、パワーグライドジグでアタリましたが乗らず、ハンプの上のウィードでフラッピンホグのテキサスでもアタリましたが、落ち着いて合わせましたがファイト中にバレてと、おそらく釣ってるのは冬眠明けのまだまだ弱弱しい魚なので、噛む力も弱くバレやすいのは解っていますが2回もミスすると腹が立ちますね。

 

そして、また違う場所でパワーグライドジグでウィードを丁寧に丁寧に外してきて持っていってる感があったので落ち着いて合わせてこれは無事に2本目をキャッチ。別の場所では、「カンカン!」おアタリましたが、落ち着いてたらアタリだけになりました。その後色々と移動しますが釣れず、ラスト10分前にネコリグへで一本追加でき3本でフィニッシュとなりました。

 

FB_IMG_1520218619019

 

3本、3,600gで嬉しい事に3位になる事が出来ました!シーズン始めの大会で表彰台に立てて、嬉しくてテンションが上がりますね!

 

FB_IMG_1520218554145

 

【タックル紹介】

ロッド:フェンウィックGW610CMHP+J
ルアー:PDLパワーグライドジグ3/8oz+ゲーリーテーパーテイル
ライン:フロロ14lb

ロッド:フェンウィックGW68CMP+J
ルアー:ゲーリーフラッピンホグ(腕カット)5gテキサス
ライン:フロロ12lb

ロッド:フェンウィックGW60CULJ
ルアー:1.2gネコリグ
ライン:フロロ8lb

 


Like