Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishing  プロスタッフ  フィールドインフォ   琵琶湖Part18 日置隆宏 「シャイナースティック4″」

2018.04.03

琵琶湖Part18 日置隆宏 「シャイナースティック4″」

毎度お世話になります!ティムコプロスタッフの日置です。4月1日に少しの時間ですが、びわ湖に出てきました。この春、ティムコから続々と新製品が出ているのですが、昨年発売になったシャイナースティック3"のサイズアップ版で、この春発売したばかりの「シャイナースティック4"」が、いい感じに釣れましたのでレポートします。

 

DSC_0652

 

当日、向かった場所は私のマリーナを出てすぐの下物浚渫エリア。水温は13度台と3月の前半に比べると随分上がりました。浚渫では基本ハンプを狙って釣る事が多いのですが、シャイナースティック4″の5gテキサスでチェックしていきました。

 

DSC_0698

 

3月初旬ですと丁寧に丁寧にステイを入れて探りましたが、水温もぐっと上がっているので3月初旬よりちょっと早めに動かして、ウィード、ハードボトムを感じながら要所要所ステイを入れて早くチェック、魚の居場所を探していました。

 

まずシャイナースティック4の使用感ですが、今回単色モデル(塩増量)を使用していたので向かい風でもキャストしやすく使用感バッチリでした。テキサスでは、ペグ止め無しでリグっていますので、ファーストフォールにウィードを乗り越えてからのフォールでは、ノーシンカー状態になりますのでノーシンカーでの動きが売りのシャイナースティックですので、ハングオフ後に自信を持って止めれます。(止める時はラインを緩めて下さいね)。

 

DSC_0701

 

釣れ具合ですが、期待どうり理最初に45cmぐらいが釣れてくれました。ダウンショットも気になっていましたので、5gのダウンショットでちょっとブレイク途中のメスが釣れてくれないかなと思い狙っていると、56cmのメスが釣れてくれました。シェイクはやさしく、シンカーが底をあまり切らない感じでしていました。シャイナースティック4″初めて使い、思いどおりに釣れてくれました!皆さん、シンプルな形のワームですが一度試してみてください!

 

DSC_0699

 

【タックルデータ】

シャイナースティック4"テキサス
ロッド:フェンウィックGW68CMP+J
ライン:12lb
シンカー:5g

シャイナースティック4"ダウンショット
ロッド:フェンウィックGW68CMLP+J
ライン:10lb
シンカー:5g

偏光サングラス:サイトマスター・バレルブラック LB/シルバーミラー

 


Like