Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishing  プロスタッフ  フィールドインフォ   岡山Part51 塩見友広 番外編「ニューヨーク州釣行ツアー2日目」

2018.06.05

岡山Part51 塩見友広 番外編「ニューヨーク州釣行ツアー2日目」

2日目はバファロー市から東へ車で約2時間弱ほどに位置する「コネサス湖(コニーシャス湖)」面積24km2ほどのアメリカでは小規模な湖へ釣行です。(檜原湖10.83km2の約2倍)

 

 

コネサス湖はオンタリオ湖の南側に面した「フィンガーレイクス」と総称で呼ばれる11湖の内の1湖。(後日に行くカユーガ湖もフィンガーに含まれる。)(親指とも呼ばれるオナイダ湖はフィンガーに含まない。)

 

フィンガーレイクス

 

氷河によって浸食削り取られて出来た南北に細長い湖の形状から、人の指になぞらえてフィンガーレイクスとの総称になったとのこと。コネサス湖周辺は切立った山間なイメージとは真逆な平野に近い田舎な雰囲気を感じれる湖です。きれいに整備されたスロープからボートを下ろして水質と地形を軽くチェック。

 

コネサス湖スロープから

 

水質としては水深2m弱くらいは見えるような北部の湖水域としてはやや濁り気味な水質な感じで(風が強かったこともあり)、水深はバンクからなだらかに落ちてゆく箇所が多くウイードもちらほらと見受けられました。

 

まずは魚の状況確認から、ブレイク周辺を広く巻物で流して行くと、水深1m位のフラット上にサイトで魚がチラホラと見えたので、テクナPMX
TPMX66CLP+J “Bait Finesse Special”にセットしたバイブレーションで広くポンプリトリーブすると目の前でいきなりのバイト!

 

ナイスなラージ

 

寄せてハンドランディングすると45cm弱のブリブリの慣れ浸しんだプリのラージがコネサス湖のファーストフィッシュ!巻物には少し柔らかすぎるかと思われがちなTPMX66CLP+Jですが、中型ルアーまでであれば全然余裕。3/8ozサイズのチャターまでこなす乗せ系のロッドとしていいですし、掛けた魚を弾かずバレにくく強引に使えるロッドです。

 

そこからポロポロとラージとスモールを釣り混ぜながら流して行き、インレット沖に差し掛かった所で沖まで砂と岩が張り出した辺りでサイトすると沢山のラージがワラワラと…。どうやら状況としては産卵行動直前なご様子。日本のラージ種では産卵前の色気付いた状況では周囲の魚までもがなかなか口を使ってくれなくなる事が多いのですが(スモールは経験無いので知らない…)、そこはキャパの大きなアメリカらしく、要所要所のこれから魚が上がって来るであろうエリアでは何らかの答えが返って来てくれます。

 

魚本来の行動パターンに倣った動きをする事で成立する“パターンを追いかけるゲームフィッシング”な、釣りができる辺りは、日本での試合で病んだトーナメンターには数年に1度のペースでもゲームフィッシング本来の原点に立ち返る釣りをお勧めしたいなと思いました。

 

そんな要所要所でクランク、バイブレーション、チャター、スピナべ、ヘビダン、ジカリグ、ネコリグ、ダウンショット…、地形や状況に合わせた釣りで各自釣って行きます。

 

僕のパターンはテクナPMX63CULJ “Bait Finesse Special”での5gヘビダン+スーパーグラブシャッド3inで、なだらかなハンプや岩回りをロッドのラインテンションを弾くようなアクションでテンポよく打って行ってスモールとラージを同じエリアからミックス釣り!

 

スーパーグラブシャッドでラージ

 

 

魚がいるピンが分かればエイシス ACES56SLJでの2.6gダウンショット+リンキンシャッド4inでもミックス。

 

リンキンシャッドでラージとスモールをダブルヒット

 

初日にナイアガラ川&エリー湖のビッグスモールの衝撃に感覚がマヒして、サイズのインパクトが無くなってしまい、多くの魚の写真を撮り忘れてしまいました。コネサス湖のスモールもチョット細身なシルエットですがいいサイズも混ざり、何といってもラージの数がスモールと半々かと思えるくらいに多くサイズもイイ!

 

この5月中旬頃はスモールとラージの生息圏が重なる時でもあるようで、同じエリア、同じライン、同じリグでミックスが出来る(珍しい?)体験が出来ました。これも規模の大きな湖のポテンシャルと魚を守り環境を厳しく守るアメリカの良い面の恩恵なのだと感じました。

 

ちなみに、前日にDICK'Sで買った1週間ライセンスで、もちろんコネサス湖でも釣りはできます!(特例な場所でない限りはNY州何処でも釣り可能らしい)

 

そんな2日目でした。

 

ニューヨーク州 釣行ツアー3日目」へ続く…

 

【タックルデータ】

〈バイブレーション・3/8チャター〉
ロッド:フェンウィック テクナPMX TPMX66CLP+J “Bait Finesse Special”
リール:アルファスSV
ライン:エクスレッド12ポンド
ルアー・リグ:レベルバイブ

〈ヘビダン〉
ロッド:フェンウィック テクナPMX63CULJ “Bait Finesse Special”
リール:KTFチューン「KAHEN」SSSV103SHL
ライン:エクスレッド12ポンド
ルアー・リグ:スーパーグラブシャッド3in

〈ダウンショット〉
ロッド:フェンウィック エイシス ACES56SLJ
リール:イグジスト2506
ライン:エクスレッド6ポンド
ルアー・リグ:リンキンシャッド4㏌・2.6gダウンショット

〈ジカリグ〉
ロッド:フェンウィック エイシス ACES510CMJ
リール:KTFチューン「KAHEN」SSSV105XHL
ライン:エクスレッド12ポンド
ルアー・リグ:バトルホッグ3.8in・直リグ10g

偏光:セプターブラック イーズグリーン
その他:Foxfireマルチマッフル ブラウンカモ 

 

 

←ニューヨーク州釣行ツアー1日目

 ニューヨーク州釣行ツアー3日目→


Like