Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishing  プロスタッフ  フィールドインフォ   亀山ダムPart41 板山雅樹 「大雨で活性は上がるけどアングラーの多さによるプレッシャー対策」

2018.06.28

亀山ダムPart41 板山雅樹 「大雨で活性は上がるけどアングラーの多さによるプレッシャー対策」

フェンウィックサポートの板山です。24日(日曜日)に午前中だけですが亀山ダムに浮いていました。

 

itaeyec

 

前日ガイドで亀山ダムに浮いていましたが、午後から雨が24日の午前中まで降り続きました。この日(日曜日)は大会も行われアングラーが多く、朝の強い雨でも賑わっていました。大雨となればインレットは外せません。アングラーはインレットや上流域は意識しますので、一気にプレッシャーが高くなります。ですので、同じような釣り方をしているとバスも見切ったりもします。雨の降り方やポイントなどで釣り方を変えていく必要があります。

 

20180624_202542

 

使ったのはシャロークランク。巻くのではなく、1、2回トゥイッチさせ首降りさせながら軽く潜らし浮かせて喰わす釣り方。

 

20180624_202849

 

使うロッドは重要です。フェンウィック テクナPMX TPMX66CMLJを使用しています。ブッシュも絡む場合もあるのでグラスロッドだとリップが入り込み根掛かりの原因になります。もう一つは掛けてから寄せられるパワー。トルクがあり曲がるロッドはバラシを軽減してくれます。そういう理由から フェンウィック テクナPMX TPMX66CMLJがマッチしています。この釣りでアングラーがやった後を流しても5本キャッチすることができました。

 

次は3.3インチのギル系ワームの釣り。

 

20180624_202755

 

フェンウィック テクナPMXTPMX65CMP+J"Power Plus" を使用。フォールからスイミング、ライトカバーまで幅広く対応。個人的にももっとも使用頻度が高いロッドになってます。トルクがあるロッドはカバー周りから寄せられるので楽にやりとりができます。10時ごろから雨が止みアングラーも多いことからプレッシャーがMAXになる状況。

 

20180624_202436

 

フェンウィック テクナPMXTPMX610CMLP+Jでのパワーベイトフィネス。5gのスモラバに2.7インチのギル系ワームを使用。アフターの個体?なのかショートバイトでもしっかり掛ける寄せることができます。痩せているけど40cm超えているバスです。雨というプラスもありましたがアングラーもかなり多く、込み合う場面もありショートバイトもありましたが、しっかり掛けて寄せられるロッドは、みなさんが思っている以上に重要になります。参考にしてみてください。

 

それではまた!

 

【タックルデータ】

(シャロークランク)
ロッド:フェンウィック テクナPMXTPMX66CMLJ
リール :アルデバラン50 (アベイルフルチューン)
ライン :デュエル T-7 12lb

(3.3ギル系ワーム)
ロッド :フェンウィック テクナPMX TPMX65CMP+J"Power Plus"
リール: アルデバラン51HG(アベイルフルチューン)
ライン :デュエル T-7 12lb

(パワーベイトフィネス)
ロッド :フェンウィック テクナPMXTPMX610CMLP+J
リール :アルデバランBFSXGリミテッド(アベイルフルチューン)
ライン :デュエル T-7 12lb

 


Like