Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishing  プロスタッフ  フィールドインフォ   霞ヶ浦エリアPart30 田島昌和 「早朝のバズベイトゲーム」

2018.07.24

霞ヶ浦エリアPart30 田島昌和 「早朝のバズベイトゲーム」

皆さんこんにちは、フィールドスタッフの田島です。先ずは西日本豪雨の影響により被災された方々に心よりお見舞いを申し上げるとともに、犠牲になられた方やそのご家族にはお悔やみを申し上げます。

 

さて、関東地方は例年より21日も早く梅雨明けとなり連日の猛暑日により北浦の水温もエリアによっては30℃を超える所も出て来ました。そんな酷暑の状況ですので、日中の釣りを避け早朝の薄暗い内に出船し、水温が上がりきる前に高活性でエサを追っているバスを今期新作のバズベイト、バステ ィンツイスターにフェンウィックLINKS68CMJの組み合わせで狙ってみました。

 

t1

 

写真のような石積や杭のキワをトレース出来るようにキャストを繰り返していると、殆ど無音の吸い込むようなバイトでバスティンツイスターに襲い掛かったのはスポーニングから完全回復したコンディションの良いバスでした。

 

t2

 

連日の猛暑日&無風という当日のコンディションでは早朝とはいえバズベイトにバイトさせるのは難しいかな?と思っていたので嬉しい1匹です。その後は少しリトリーブスピードを落としキャストを続けていると、今度は引ったくる様なバイト!

 

t3

 

先程のバス同様にナイスコンディションのバスをキャッチ出来ました。バズベイトは他のハードルアー 同様にトレースコースが非常に重要なルアーになります。ツインブレードでコンパクトシルエット、巻き始めからの立ち上りも早く真っ直ぐに引いて来れるバスティンツイスターはバズベイトで釣った事が無いというアングラーにも使い易くおススメです!

 

【タックルデータ】

(バズベイト)
ロッド:LINKS68CMJ
リール:15アルデバラン
ライン:ナイロン14lb
ルアー:バスティンツイスター

 


Like