Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishing  プロスタッフ  フィールドインフォ   琵琶湖エリアPart4 松田守彦 「B.A.I.T. プラクティス」

2018.07.24

琵琶湖エリアPart4 松田守彦 「B.A.I.T. プラクティス」

みなさん、こんにちはフィールドスタッフの松田です。今回はバイト参加のため琵琶湖に行って来ましたのでレポートします。夏のソフトベイトパターンで良い釣りができましたので紹介します

 

エリアは浚渫にエビ藻が絡んだ場所が魚が濃く、そこにベイトが写るとチャンス大! 水深は2.5メートルから7メートルラインを中心に、ダウンヒルで8インチソフトベイトをジャーク・トゥイッチを織り交ぜながら探って行きます。

 

image1

 

使用したタックルはACES70CHJにハイギヤのリールを組み合わせ、ラインはフロロ16ポンドをメインにウィードの生え方などを見ながら18ポンドも使用! カラーはベイトフィッシュを模したクリア系が特に高反応でした。釣果は2日間で61センチを筆頭にナイスサイズが27本!翌々日の試合は優勝間違いなし?の予感でしたが、悪天候により中止となりました…。

 

image2

 

次戦は9月と季節がだいぶ進みますが、優勝目指してバスを追い続けて行きます!

 

【タックルデータ】

(ソフトベイトのジャーク・トゥイッチ用)
ロッド :ACES70CHJ
リール :TATULA
ライン :サンラインシューター16ポンド
ルアー :8インチソフトベイト

 


Like