Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishing  プロスタッフ  フィールドインフォ   野尻湖Part14 藤居賢司 「根比べな秋の攻略法」

2018.10.29

野尻湖Part14 藤居賢司 「根比べな秋の攻略法」

皆様こんにちは。フィールドスタッフの藤居です。今回は秋が深まるこの時期の野尻湖の釣り方の1つ「根比べな釣法」を皆様に紹介させていただければと思います。

 

f1

 

「根比べな釣法」とは読んで字の如し、魚との根比べな釣り方となりますのでこのような呼び方をさせていただいております。つまりはバスがバイトするまで根気よく我慢する釣り方となります。一般的に秋はサスペンドシャッドやクランクベイトなどのハードルアーの「横の動き」やリアクションのメソットが王道と思われがちですが、もしそのメソットでバイトがない場合は逆に動かさずしてバイトを得る!ということも方法の1つとして試していただければと思います。

 

f2

 

具体的には水回りの良い岬周りやフラットの中でもちょっとした地形変化、特にハードボトムを魚探の二次反射などで見つけ、そのスポットにライトキャロライナリグを送りこみ、バイトするまでラインを適度にたるませルアーを放置する釣り方となります。「食うまで動かさない‼」まさに魚との根比べな展開となるため忍耐が問われる釣り方となります。そしてこのパターンでバイトしてくる魚は比較的にサイズが大きいことも事実。根比べに勝った分、アングラーにとって満足のいくサイズを手にすることができるでしょう!

 

f3

 

この時に使用するルアーですが、サイズは1.5インチ~2インチぐらいで比重が大きいワームが特に有効で、私は写真のようなフレキシーカーリーをラバーチューン
したものやロケットバグ、あとはシルクワームなどもおすすめのルアーとなります。シンカーも動かさない分少し重めのウエイトを使用します。

 

f4

 

気難しい秋の野尻湖を攻略する上でもしお手上げ状態に陥った時にはあきらめるのではなく、忍耐強く我慢するメソットも試していただければと思います。野尻湖の禁漁まであと数日… 今シーズン最後にもう一度スモールマウスバスを狙ってぜひ釣行してみてくださいね!

 

【タックルデータ】

(ライトキャロライナリグ2.7g~3.5g)
ロッド:ゴールデンウィングGW68SULP+J
リール:シマノステラ2000番
ライン:フロロカーボン3lb
ルアー:Locoismフレキシーカーリー、Locoismロケットバグ、ゲーリー・シルクワーム

 

 


Like