Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishing  プロスタッフ  フィールドインフォ   野尻湖Part49 宮腰潤 「晩秋の野尻湖攻略」

2018.11.01

野尻湖Part49 宮腰潤 「晩秋の野尻湖攻略」

こんにちは、野尻湖スタッフの宮腰です。秋も深まり、朝晩はぐっと冷え込んできましたね。今回は晩秋の野尻湖攻略について紹介します。

 

m3

 

自分にだけではないと思いますが、お盆が過ぎるとぐっと釣り辛くなりますよねー。特に水温変化が大きい秋口は日替わりで魚の居場所がなかなか掴めませんよね。でも、ある程度水温が安定した秋になると、我慢すれば何とか魚と出会う可能性が高くなります。

 

そこで自分が使用するのは3インチ程度のストレートワームを使ったショートリーダーのダウンショットリグです。使い方としてはバンクやフラットでも変化のある地形で使いますがイメージとしては岩やストラクチャーに潜むエビを意識して使います。

 

m4

 

やり方ですが、水深10~12m付近にボートポジションを取り、シャロー側へキャストします。底を取ったら、ロッドのティップを10センチ程度動かして、水深が深い方へ落としこんで行きます。その時のアクションとしてはする引きではなく、エビが数センチぴょんと逃げる様なイメージでロッドを操作します。風が無ければロッドは立ててアクションをすると分かりやすいかも知れませんね。

 

m2

 

この手の釣りは手元に当たりが出ない事がありますので、ロッドを動かした時に少しでも違和感があったら、しっかり合わせてみて下さい。重たくなっただけと思ったら・・・バスだったなんて事もありますので、ご注意を!! 先日の釣行では、残念ながら自分はキャッチ出来ませんでしたが、同船者が晩秋のグッドサイズのバスをキャッチしてくれました!!

 

m1

 

さて、11月11日の野尻湖最終日まであと1週間ちょっととなりました。今時期は特に紅葉も綺麗ですので、景色に癒されながらブリブリなスモールマウスを狙ってみてはいかがでしょうか。特に今年の最終日にはNBC東日本チャンピオンシップも開催されますし、いつもより少しだけ賑やかな野尻湖最終日になりそうです。それではまた!!

 

【タックルデータ】

ロッド:フェンウィック GW S GW60SULJ
リール:ステラ2500S
ライン:フロロ2LB
ルアー:ウルトラフィネスクローラー3(GP/BL)
シンカー:1/32ダウンショットシンカー

 

 


Like