Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishing  プロスタッフ  フィールドインフォ   中部エリアPart17 高橋章仁 「奥矢作湖にてロクマルキャッチ!」

2019.04.26

中部エリアPart17 高橋章仁 「奥矢作湖にてロクマルキャッチ!」

皆様こんにちは!ティムコフィールドスタッフの高橋です。先日、奥矢作湖にて念願のロクマルに出会うことができましたので、その時の状況をレポートいたします。釣行当日の4月23日は、風も無く天候は晴れ、穏やかな朝を迎えました。この前の週、4月19日には水温も13℃を越えて大潮満月を迎えていたので、おそらくスポーニングへ向けて多くのバスたちがシャローに姿を現すだろうと予想していました。

 

その予想は当たり、翌日の4月20日からはご来店されたお客様からも、かなりの数の見えバスを確認することができたとの情報を頂いておりました。しかし、このタイミングの気難しいバスたちは難易度も高く、皆様苦戦される展開となっていたようです。私もお客様と情報を共有するために湖の状況を確認しておきたかったので,、4月22日に湖上チェックへと向かいました。水位的には、例年では満水となるタイミングですが、ダム工事の関係で今年は満水位からマイナス4m。そのため、冠水ブッシュも多すぎず少なすぎずといった適度な感じ。

 

t1

 

ざっと湖を見て回ると、例年に比べてかなりの数のバスがシャローに差してきている印象。4月に入り、天候的にも穏やかな日が続いていたので、順調にスポーンへ向けて動き出せたようです。午前中はジャイアントベイトを片手に、スポーニングエリアになるであろうスポットを見て回ることに専念。午後からはそこに差すであろう、メスのビッグフィッシュが潜んでいそうな付近のカバーを、ビッグスプーンでテンポよく探っていくことに。すると、冠水ブッシュ+ゴミ溜まりのエッジをフォールさせたスプーンにバイト!!しかし、これは惜しくもミスバイト。

 

1回ミスバイトしてから、直後に2回目のバイトがあったのですがイレギュラーなアクションをするビッグスプーンではよくあることです。その後はジャイアントベイトを軸に、午前中に狙いを定めたエリアを中心に攻めたのですが1チェイスのみで終了でした。

 

この1チェイスも、うまくやれていればバイトに持ち込めた魚のような気がしたので…翌日の4月23日もそれを実証するために、再度湖上へ。出船してまもなく3本のビッグバスを発見。うち2本は、目測でもロクマルは越えているであろうスーパービッグフィッシュ。このチャンスを逃してはならない…と思えば思うほど手の振るえが止まらなくなり、冷静になろうと自分に言い聞かせてバスを観察することに。

 

そして、3本のうち1本は50cm前半のオス、2本はロクマルクラスのメスと判断。一度メスは姿を消したものの、すぐに戻ってきて冠水ブッシュ付近にサスペンドしている。感じたことのないドキドキに体が震え、冷静さを失いそうになる中、必死に集中力を高め、アプローチを考える。咄嗟の判断で、PDLスーパーシャッドテール4”+1/2ozチェリーリグをセット。この手の魚には経験上、スーパーシャッドテールのような微弱波動のリアル系ルアーが効くこと、冠水ブッシュにスタッグしてミスをしないためのチェリーリグ、リアクションにて口を使わせるための1/2oz。

 

メスに狙いを定めて慎重にアプローチ。そして、バスの四角となるアゴ下からワンホップしたルアーに猛烈バイト!!バスに主導権を与えないため、一気に寄せてキャッチ!

 

t3

 

その手は自分でも驚くほどに震えていて、それと同時になんとも言えない喜びでいっぱいになりました。計測すると61cm4200gの人生初にして、念願の奥矢作湖でのロクマルキャッチとなりました!!!北海道出身の私ですが、バスフィッシングに憧れて本州へ飛び出し、バスフィッシングと向き合ってから15年、念願のロクマルに出会うことができました!自分をこの地に連れてきてくれたブラックバスには本当に感謝しかありません。バスフィッシング、最高です!!

 

【タックルデータ】

t4

ロッド:フェンウィックACES68CMHJ
リール:ダイワ/SS SV
ライン:フロロ14lb
ルアー:ティムコ/PDLスーパーシャッドーテール4”+チェリーリグ14g

 

今回のロクマルにも全く主導権を与えなかったACES68CMHJ。高弾性グラファイトがベースでシャープでありながら、全身アラミドヴェールで補強してあるため、魚を掛けてからのリフティングパワーは驚くものがあります。キャストフィール良し、操作性良し、掛けて良しのまさに最強のアイテムです。ヒットルアーのPDLスーパーシャッドテールは、その微弱な波動で、ナーバスなビッグフィッシュを驚かすことなく、違和感無く口を使わせることが可能なアイテム。春は特にビッグバスをシャローで目撃することが多い時期ですので、気難しい魚を騙すために重宝します!

 

t5

 

いよいよ本格的なスポーニングシーズンを迎える春の奥矢作湖ですが、おかげさまでレンタルボートジョンスタイルは、ゴールデンウィーク期間も沢山のご予約を頂いております。皆様にお会いできることを楽しみに、ご来店、心よりお待ちしております!

 

レンタルボートジョンスタイル
〒509-7831
岐阜県恵那市串原大野1299-2
※完全予約制

 

 


Like