Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishing  プロスタッフ  フィールドインフォ   北関東Part17 小林翼 「群馬チャプター初戦 榛名湖」

2019.05.10

北関東Part17 小林翼 「群馬チャプター初戦 榛名湖」

皆さんこんにちは、フィールドスタッフ小林翼です。4月28日に開催された群馬チャプター第1戦に参加してきましたので報告いたします。

 

image1

 

今回は前日プラクティスで見つけたパターンが明らかにハマってました。結果的に一匹の優勝だったので、運要素が強かった点は否めませんが、リグ・ロッド・ワームがハマった結果だと思います。その釣り方がスーパーリビングフィッシュ3を使った振り子リグです。

 

image2

 

春の榛名湖のバスを釣るうえでここ数年間の共通点があり、それがわかっていても釣ることが難しいのが、現在の榛名湖です。更に大会に出場する手慣れ選手にはだいたいポイントも知り尽くされているのが現状です。そこで他の人より差を出す為には、少しの変化を見逃さない、そして他人とは違うリグだったりする訳です。そこで考えついたのが振り子リグ!!

 

振り子リグとは、何年か前に生まれたリグで、ジグヘッドにソフトベイトをチョン掛けするリギング方法です。試した事はありましたが釣った事のなかったリグで、何かないかと考えている時に閃きました。そして、このリグを生かすにはロッドとワームが重要で、一定のリズムでラインスラッグをだせるFenwick ACES64SXULJ“Mid Strolling Special”をチョイス。ジグヘッドのウエイトを2種類使い分け、中空ボディー採用のリビングフィッシュ3をボトムで立たせる事が必要不可欠でした。そして、前日は風が強く短時間のプラクティスでしたが、3バイト2フィッシュとなかなかの手応えで終えました。

 

試合が始まりプラクティス通りに攻めていき、水温が少し上がったタイミングの9時にファーストフィッシュを釣り、ここからと思いましたが、後が続かずタイムアップ。正直「やらかした」と思いました。ですが、検量された選手9名の中に2匹以上釣ってきた選手は居ないというタフコンディションで、結果1匹ながら1360グラムで優勝する事が出来ました。

 

image3

 

この勢いで年間優勝目指して、引き続き頑張りたいと思います!!

 

image5

 

※現在榛名湖のシャローにワカサギが大量に接岸しています!もうそろそろ表層パターンが炸裂する時期なので、「トラファルガー7」、「デルゼ」、「ロンサムスイーパー」などの表層プラグをお忘れなく!!

 

image7

 

【タックルデータ】

ロッド:Fenwick ACES64SXULJ “Mid Strolling Special”
リール:2500ハイギア
ライン:SUNLINE FCスナイパー2.5lb
リグ:振り子リグ1.3g、1.8g
ワーム:リビングフィッシュ3inch

 

 


Like