Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishing  プロスタッフ  フィールドインフォ   岡山Part59 塩見友広 「高梁川下流域の貯水池へ気分転換フィッシング」

2019.06.10

岡山Part59 塩見友広 「高梁川下流域の貯水池へ気分転換フィッシング」

皆さんこんにちは。フィールドスタッフの塩見です。5月中旬、岡山県南部に位置する高梁川下流域のお隣にある貯水池へ気分転換の釣行へ行った際の様子をお伝えします。

 

フィールド状況はアフター早期~中期。透明度は5mのブロックが見えるほど透明度が高く、サイトで魚を探して回るが全く確認できない状況。そこで、太陽光が届くギリギリの6m付近の高さのある岩、ウィードなどの影を水質&ベイトの有無を確認しながら釣って行きました。しばらく流すと浚渫の壁に鉄筋やぐらが絡んだスポットを発見。シェード側へマス針ダウンショット1.8gにリグったリンキンシャッド3 (NSLシュリンプカラー)を送り込み、シェイク&ステイ、緩めてフォールの動作で一点で誘い続けると…微かな違和感を感じるバイト!?巻きアワセ気味でフッキングすると一気に走り回る元気のいいナイスサイズが喰ってきました!

 

s1

 

そもまま浚渫壁のシェイドで釣れるのかと思いきや、幸先いいファーストフィッシュ後から時間は流れ…シャローからディープへ延びるサンドバーへ移動。ウィード際で一瞬キラっと魚の気配を感じたのでロングキャスト。リンキンシャッド3のDSをウィードにタッチさせながらシェイク&ステイで誘うとステイ時にバイト!40cm後半のナイスバスをキャッチすることが出来ました!

 

s2

 

その後すぐに、同船していた後輩に「あの辺りで食って来るかもよ!」のアドバイスで、ネコリグにビッグサイズがヒット!一気に突っ走る魚とのやり取りを楽しんで上がってきたのは丸々太った50アップ!

 

skou

 

少し時間を空けて再度サンドバーへ入り直し、DSを投入すると更にもう一匹40アップを追加!

 

s3

 

どの魚もアフター回復の綺麗な魚ばかりで、釣り方としてはスローな展開でしたが良いリフレッシュとなった釣行でした。今回使用したリンキンシャッド3の(NSLシュリンプカラー)はノンソルトで比重が軽いので、ダウンショットのような点で誘う場合にはワームが比重で垂れ下がり難く、ナチュラルな水中姿勢を作り出すことが出来ます。

 

また、ノンソルトの透明感のあるカラーがクリアーレイクでの見せる釣りでラメの反射を効果的に使えます。アクションもシェイク時の縦揺れをリンキンシャッドの特長でもあるジョイント部でうまく変換されて本物の小魚のようなボディー中央部付近から横揺れになり、見切られにくい特徴のあるシャッドワームだと感じます!皆さんも是非、DSで使ってみて下さい!

 

【タックルデータ】

(ダウンショットリグ)
ロッド:フェンウィック TPMX62SULJ
リール:2500番スピニング
ライン:エクスレッド4ポンド
ルアー・リグ:PDLロゴイズム リンキンシャッド3 カラー:#227NSLシュリンプ
マス針DS1.8~2.6g

偏光:サイトマスター キネティックグレースモークPRO イーズグリーン
グローブ:フォックスファイヤー SCイージーバイブスグラブ グレー
フェイスガード:フォックスファイヤー マルチマッフル ブラウンカモ

後輩タックル(ネコリグ)
ロッド:フェンウィック スーパーテクナ S-TAV63SULJ
リール:2000番スピニング
イン:4ポンド
ルアー:リグ:ストレートワーム ネコリグ

 

Like