Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishingプロスタッフフィールドインフォ 野尻湖 佐藤大介 「クリーピーミノーで野尻湖チャプター年間優勝!」

2019.09.25

野尻湖 佐藤大介 「クリーピーミノーで野尻湖チャプター年間優勝!」

こんにちは。フィールドスタッフの佐藤です。9月8日に長野県野尻湖で開催された長野チャプター第5戦に参戦してきましたので、その模様をお伝え致します。

 

今シーズンは絶好調で暫定年間1位で迎えた最終戦ですが、夏から秋へと移行する季節の変わり目の為か、フィールドの状況は厳しく、バイトも少なくショートバイトに苦しむ試合となりました。前日プラクティスでは、バイトはあるもののフックアップしない、フックアップできても掛かりが浅くすぐバレてしまう状況でした。

 

試合当日は数少ないショートバイトを確実に取り、バラす事無く、いかにミスをしないかがとても重要でした。その為にタックルセレクトは常に最高の状況で挑む事が大切で、ロッドはもちろん高感度で操作性の良い「ACES62SULP+J」。

 

更に、フックには常に注意を払い、魚を掛けたら結び直すのは勿論、普段ならフックポイントを爪でチェックし「まだフックポイントは大丈夫かな」っといった状況でも必ず新しいフックを使うようにしていました。また、掛かりが極めて浅く、少しでも無理をすると身切れやバラシに繋がる為、フックアップ後はドラグをズルズルに緩めて慎重なファイトに徹しました。

 

234D340BE4664FFB9EFACBCDAD574190

 

試合当日はフラットエリアにベイトとバスが多く、バンクはバス・ベイトともに少ないが居るところには居るといった状況でしたが、フラットエリアは選手が多かった為、プレッシャーも少なく動きやすいバンクで勝負する事にしました。主に狙ったエリアは風の巻く岬周辺の8~10mで、ベイトが多過ぎずにバスがしっかりと映るエリア。使ったルアーは夏から秋にかけて抜群の実績のある「クリーピーミノー」の2匹房掛けダウンショット。

 

状況は厳しいながらクリーピーミノーを使い1匹1匹確実に釣っていき入れ替えも行い最終戦を7位フィニッシュ。今年の目標だった年間優勝をする事が出来ました。開幕戦でのスーパーリビングフィッシュのミドスト、第3戦の虫パターンで釣った1匹以外は全てクリーピーミノーの房掛けダウンショットで釣りました。

 

5268A0017E484972A11CFBEF6D278753

 

夏から秋にかけて良く釣れる、クリーピーミノーの房掛けダウンショット、皆さんも是非お試しください!

 

【タックルデータ】

(ダウンショット1.3g)
ロッド:フェンウィックACES62SULP+J
ライン:サンライン・シューターFCスナイパー2ポンド
ルアー:クリーピーミノー

 


Like