Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishingプロスタッフフィールドインフォ 霞ヶ浦エリア 田島昌和 「台風一過の北浦でバスティンツイスター炸裂」

2019.09.25

霞ヶ浦エリア 田島昌和 「台風一過の北浦でバスティンツイスター炸裂」

皆さんこんにちは。フィールドスタッフの田島です。まず最初に台風による被害にあわれた皆様に心からお見舞い申し上げます。さて今回は、今期新作のバスベイト、「バスティンツイスター ソロウォーカー」を使ってグッドサイズのバスをキャッチした模様をお伝えしたいと思います。

 

この日の北浦は台風通過により増水しており、先ずはセオリー通り冠水したシャローカバー周りをチェックしていきました。しかし、反応はイマイチ・・・急な増水や濁りにバスが追い付いていないと判断し、濁りがいち早く抜けるボディウォーターに面した石積みに狙いをシフトしてみました。

 

この展開が大正解!石積みと平行にキャストしながらボートを流し、「この角は風も当たっていて釣れそうだな〜」というコースを通すと「ガバッ!」と水面が割れ、グッドコンディションのバスが本気喰いしてくれました。

 

003BCB1D-0C40-455B-A1E4-DC3EE940D976

 

短時間の釣行でしたが、自分が思い描く通りのトレースコースでバイトが得られたので大満足!心に残る一匹との出会いを堪能させて頂きました!

 

バスティンツイスターソロウォーカーは鋭く立ち上がる浮きの良さと、優れたスイム姿勢を保ち、初心者でも非常に使いやすくまとまったバズベイトです。更に、超ジュラルミンを採用したビッグブレードが超釣れそうなメタルノイズを奏でてアングラーの高揚感を上げてくれるので(笑)、巻いているだけでとっても楽しいバズベイトですよ!それぞれのパーツを調整することで、好みの音質に変える事も出来るので、バズベイトスペシャリストにも満足して頂ける高い完成度に仕上がっています。

 

まだ9~10月にかけて秋バズ炸裂パターンがありますので、バズで良い釣りをするチャンスが残されています!皆さんも是非、バスティンツイスター ソロウォーカーで心に残る一匹との出会いを果たして下さいね!

 

今回バスティンツイスター ソロウォーカーに使ったロッドはFenwick LINKS68CMJです。ミディアムアクション、ミディアムスローテーパーに味付けされたベイトキャステイングロッドでバスロッドの基本形ど真ん中。比較的オールマイティーに使えるロッドで、ソフトベイトの釣りから今回のバズベイトやスピナーベイトといった太軸シングルフックを採用したルアーの巻きの釣りまで、幅広く対応してくれるのが魅力の一本です。

 

ACESでも同一ナンバーのACES68CMJがありますが、自分はこのLINKSのしなやかな素材特性から来る「投げやすさ」がとても気に入っていて、バズベイトやスピナーベイト、チャターベイトやスイムジグなど、太軸シングルフックを採用した巻系ルアーに好んで使っています。ルアー重量をしっかり胴に乗せるキャスト感はこのLINKS68CMJの素材特性ならではの気持ち良さで、アキュラシーキャストがワンランク上手くなったと感じさせてくれるロッドに仕上がっています。

 

一方、ACES68CMJはテキサスリグやリーダーレスDS、オープンウォーターのキャリラバなど、高弾性マテリアルから来るシャープな操作性や感度が活きる釣りに採用して使い分けています。

 

その価格帯の違いからLINKSはACESの単なる廉価版と捉えられがちですが、実は素材特性を見抜いた使い方をすることで、お値段以上の仕事をしてくれるロッドに変身してくれるのです!ACESとLINKS、似て非なるこのシリーズ、店頭で見かけた際には是非チェックしてみてくださいね。

 

【タックルデータ】

ロッド:LINKS68CMJ
ルアー:バスティンツイスターソロウォーカー
リール:15アルデバラン
ライン:ナイロン16lb

 


Like