Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishingプロスタッフフィールドインフォ 岡山エリア 塩見友広 「JB旭川ダム第3戦」

2019.09.25

岡山エリア 塩見友広 「JB旭川ダム第3戦」

皆さんこんにちは。フィールドスタッフの塩見です。今期は私自身、全面的に不調続き&釣りに行けない日々のため、久し振りの更新と久し振りの試合レポートとなってしまいました。フィールド状況も旭川ダムで言いますと、減水のためスロープが使えない状況からJB旭川第3戦、第4戦共に延期となっていましたが、8月中旬頃から水位がやっと安定し、下旬に第3戦開催となりました。

 

旭川湖上

 

前日プラクティクスでは久々に浮かぶ旭川ダムのため、ダム広域から消去法により中流~下流域は思い切って切り捨て、上流域のみに絞ってプランを組んでいきました。

 

第3戦ミーティング

 

本戦の午前中は水温上昇とボート引き波の影響が落ち着くまでスローな展開で、前日に魚が確認出来ていた岩周りをスモラバで丁寧に探り、バイトらしき反応を一瞬でフックオフ。その後が無いので後半は上流域から少し下った石垣跡上のフラットエリアに絡む岩周りで、前日にたまたまサイトで魚が見えたピンに入ってみると、バンクの引き波による濁りを嫌ったベイトと共に遠目に魚を発見!

 

タックルの中からとっさに手にした「ACES64SXULJ "Mid Strolling Special"」にセットされていた4㏌高比重ストレートワームのネコリグからネイルシンカーを抜き取り、ノーシンカーワッキーにして魚の目線上から10m先にキャスト。着水直後から水面を跳ねさせ目線上5mくらいの石の陰へフリーフォールで落とすとスーっと魚が詰め寄り、岩陰から拾い食いしたような口の動きを確認!

 

巻きアワセ気味にフッキングすると一気に走り回りましたが、ACES64SXULJのロッド全体を活かして魚との距離がある時は強引気味に巻き寄せ、魚との距離が寄るとロッドのパワーだけで浮かし、フッキング時に岩に一瞬ラインが触れた感覚があったので無理をせずゆっくりフラット沖に誘導して時間をかけて浮いたタイミングでネットイン!遠目に見えていた時は1,500gクラスのバスと思っていましたが、ネットに入れてみると肉厚マッチョな長い魚で嬉しい誤算でした。

 

その後も同じような条件をサイトとブラインドで釣り込みましたが、この1本のみでウエイン。

 

1本2188g

 

1本 2,188g

 

3位盾

 

なんとか貴重な1本で3位に入ることが出来ました。

 

【タックルデータ】

ロッド:フェンウィック  ACES64SXULJ "Mid Strolling Special"
リール:セオリー2506
ライン:東レ エクスレッド4ポンド
ルアー・リグ:4インチ高比重ストレート・ノーシンカーワッキー
偏光:サイトマスター セプターブラック EG/シルバーミラー
ウエアー:Foxfire SCブリスクタッチDSフーディ、 Foxfire SCイージーレッグカバー、 Foxfire パワームーブコルセット
グローブ: Foxfire SCイージーバイブスグラブ

 


Like