Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishingプロスタッフフィールドインフォ 岡山エリア 塩見友広 「落ち鮎パターンリベンジ?旧吉野川釣行」

2019.11.11

岡山エリア 塩見友広 「落ち鮎パターンリベンジ?旧吉野川釣行」

皆さんこんにちは。フィールドスタッフの塩見です。11月に入り朝晩の冷え込みが厳しくなってきた今日この頃。この時期になると地域差はあるものの、河川では落ち鮎パターンが終盤になるタイミング。そのなごりが残っている可能性がある徳島県 旧吉野川へ釣行してきました。

 

旧吉野川

 

この時期の旧吉野川は過去のトーナメントで度々訪れていますが、落ち鮎絡みの強烈なパターンをプラクティクスで見つけておきながら本戦で連続ミスバイトに苦戦した苦い思い出があり、今回はその課題を克服するべくプチ遠征してみました。先ずは過去に実績があるスポットを巡り、状況をチェックして行くと予想以上にタフで、落ち鮎が溜まりやすい反転流が発生するエリアももぬけの殻。

 

後に地元のアングラーに聞いて知りましたが、今年はニュースになるほどの鮎の少なさだったようで、落ちる鮎も少なく早く終息したとの事…。現場ではその事を知るよしも無く、落ち鮎を意識したアプローチでスイムベイト、ジャークベイト、ノーシンカーと徐々にパワーダウンしていきながら釣り込んで行きました。

 

JR橋脚付近にある反転流+入組んだ縦ストのシェードにPDLリンキンシャッド5inchの純掛けオフセットノーシンカーを滑り込ませるとバイト!しかし、残念ながらフックオフ。雰囲気も良いスポットなので少し時間を空けて入り直して、再びリンキンシャッド5を送り込むとバイト!ゴールデンウィング GW68CMLJの気持ちがいいテーパーとパワーで入り組んだスポットから引っ張り出したのは1kgクラスのナイスサイズ!

 

1kg弱

 

この一匹からバスのポジションは入り組んだシェードにタイトな印象を受けたので、同条件のエリアを見て回ることに。そして、過去に連続ミスバイトに泣かされたエリア内の絶対的なピンスポットである縦スト+ちぎれウィード+反転流が絡むスポットへ。野良ネズミ ECOをスキッピングでタイトに撃ち込んで3回ほど高速首振りさせると激しく水面を割るバイト!高速リーリングのまま巻きアワセでフックセットを決めると手元にPEライン特有のダイレクトなバスの感覚!PMX66SLJのフルベントしたトルク感が気持ちよく、障害物から沖へ引っ張り出して秋の元気な魚を楽しんでランディング!2kgオーバーのナイスバスに過去のリベンジが出来たかな?っと納得の1本でした。

 

野良ネズミで

 

その後は更に上流域のトーナメントエリア外にボートを進め冒険モードに。残念ながらバスを追加することは出来ず、旧吉野川上流ならではのシーバスの群れを発見するなど、独特な雰囲気を楽しんで終了となりました。今年は鮎が少なく、あの強烈なパターンの再来とはなりませんでしたが、また来年、落ち鮎祭りを期待して旧吉野川にリベンジしたいと思います。

 

【タックルデータ】

ロッド:フェンウィック ゴールデンウィング GW68CMLJ
ルアー:リンキンシャッド5inch 純掛けノーシンカー
リール:SSSV105XHL KTFチューンKAHEN
ライン:エクスレッド9lb

ロッド:フェンウィック テクナPMX TPMX66SLJ "Mid Strolling Special"
ルアー:野良ネズミ ECO ノーシンカー
リール:17コンプレックス2500
ライン:シーバスPEパワーゲームデイタイム0.6号+ルアーリーダー1.5号

偏光:サイトマスター セプターブラック EG/シルバーミラー

 


Like