Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishingプロスタッフフィールドインフォ 関西エリア  福光正樹 「マイフェバリット!フレキシーシャッド3.5″」

2019.12.13

関西エリア  福光正樹 「マイフェバリット!フレキシーシャッド3.5″」

今シーズン、ロコイズム フレキシーシリーズに「フレキシーシャッド3」のサイズアップバージョン3.5インチが登場しました!このサイズのシャッドテールワームは以前からヘビダンで多用しており、ベイトフィネスタックルと組み合わせてインビジブルストラクチャーやその周辺で活躍していました。私の釣りの中ではキーパーを確保する得意の釣りでしたので、フレキシーシャッド3.5インチバージョンは待望のリリースでした。

2

フレキシーシリーズの特徴はボディー中央部のクビレとボディ後部の薄くなったリングコアによる艶めかしいアクションにあります。フレキシーシャッドはリング形状のボディーで水を大きく咬みながらシャッドテールのローリングアクションをボディ全体に伝えるので、コンパクトながらにアピール力抜群!魚を寄せる力が強い小さな巨人的なアイテムです。

 

特にこのクビレが重要で他のシャッドテールタイプのワームに対しての優位性があると考えています。その大きな特徴は、クビレからボディー後部が薄くデザインされていることが相まってスイミング時にボディー後部がランダムにスイングする様な不規則なアクションを発生させることです。このアクションがバスを魅了するらしく、とにかくバイトが多い!

 

IMG_6589

 

また、バイト時にバスの口の中でワームが折れやすいのでフッキングしやすいことが釣果からも実感しています。ここ最近使い込む中で一気に一軍入り決定!そして、ヘビダンでも二つのフックを使い分けます。カバー周りではオフセットセッティング、カバーが薄いところではマス針セッティング。アクション的に大きくなるのはマス針セッティングですが、バスのコンディションや釣るスポット、カバーの状況によって使い分けるのが良いと思います。

 

最近はヘビダンを用いる時は糸よれ防止でスイベルを使っているのですが、スイベルから下で二種類用意しておけば交換もし易くなるのでお勧めです。私としてはハイシーズンもかなりお世話になりましたが、冬期のディープの釣りでも活躍する事間違いないので是非試してみて下さい!

 

使用ロッドはFenwick ACES66CMP+Jで、ミドルレンジの7gヘビダンからディープでの10gまで幅広く適応し、バイトも弾きにくいティップセクションを持っているので欠かせない一本になりつつあります。こちらも是非店頭やイベントで手に取ってみて下さい。

 

【タックルデータ】

ロッド:Fenwick ACES68CMLP+J
リール:Daiwa PX68ハンドルK.T.F.チューン
ライン:フロロカーボン8lb.
ルアー:ロコイズム フレキシーシャッド3.5inch 7g~10gヘビーダウンショットリグ

 


Like