Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishingプロスタッフフィールドインフォ 関西エリア  福光正樹 「冬に活躍するシャイナースティック」

2019.12.27

関西エリア  福光正樹 「冬に活躍するシャイナースティック」

皆様こんにちは。フィールドスタッフの福光です。今回はLOCOismシャイナースティックについて紹介をしたいと思います。シャイナースティックは現在3inchと4inchで2サイズのラインナップになっています。

IMG_6606共に塩がぎっしりと詰まったマテリアルを使用していて自重があり、ノーシンカーでも優れたキャスタビリティーが魅力です。フォールスピードも速いのでノーシンカーリグでシャロ―で用いることが多く、3inchはスピニングタックルでの使用、4inchはベイトフィネスでの使用が多いのです。また、ネイルシンカーを入れるネイルリグでは重量が増すので両サイズ共にベイトタックルで使いやすくなり、少し水深のある所でも対応してくれる非常に使い勝手の良いストレートワームです。

 

デザインはヘッド部がややファットでテールに向けて細くなっていくシンプルなデザイン。フックのホールド性が良く、裂けにくい形状となっています。さらに、塩の含有バランスが良く、フォール時の姿勢が非常に安定します。以前、徳島での釣行では4inchのシャイナースティックノーシンカーリグをオフセットフックにセッティングしてベイトフィネスタックルにて橋脚でキャッチした記事を書いた事がありましたが、きれいな水平姿勢がバイトを引き出したものだと感じました。

 

IMG_6534

 

私の釣りの引き出しの中ではオフセットフックでノーシンカー、もしくはネイルリグでの使用が多かったのですが、先日のダム釣行ではベイトフィッシュのワカサギに合わせて3inchのシャイナースティックのキャロライナリグをマス針セッティングでディープフラットの7~10mラインで試してみたところ、サイズは伸びませんでしたが連発することが出来ました。

 

IMG_6513

 

キャストして着底後、ずる引き、ボトムでのハングオフで使用。たまにトゥィッチを入れるといい感じでダートします。フックの重さが軽く、その大きいダートがリアクション的な効果を生み出しバスのバイトを引き出している感じでした。少し苦手意識のあるリザーバーでの引き出しが一つ増えました。シャイナースティック3inchはディープフラットの釣りで効果的なチョイスであると感じましたのでこの冬更に試してみたいと思います。

 

IMG_6525

 

【タックルデータ】

ロッド:Fenwick GoldenWing GW68CMP+J
リール:KTF アルファスNEO レフトハンドル
ライン:フロロカーボン10lb.
ルアー:シャイナースティック3inch、10gマス針キャロライナリグ

 


Like