Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishingプロスタッフフィールドインフォ 琵琶湖エリア 日置隆宏 「リンキンシャッド5インチでパワフルなミドスト」

2020.02.12

琵琶湖エリア 日置隆宏 「リンキンシャッド5インチでパワフルなミドスト」

毎度お世話になります!ティムコ フィールドスタッフの日置です!前回の釣行で初バスをゲットして以来、暖かい日が続くとソワソワ感が止まらず、マリーナの仕事を終えてからの短時間ですが、琵琶湖パトロールをしてきました。

 

28日夕方、初バスをキャッチしたエリアと同じ下物浚渫に入り魚探を確認すると魚の気配はある感じ。やや濁りと風があったので、アピール強めでリンキンシャッド5インチでミドストを開始!数投していい感じでウィードを2回抜けたところでビッグバイト!ロッドがガツーンっと絞り込まれました!なかなかの重量感だなと思いながらやり取りを楽しみ、無事ランディングして測長すると何と52cmもありました!

 

DSC_2248

 

その後、ノリノリでキャストを続けるとまたしてもウィードを抜けた瞬間にロッドが絞り込まれ、2本目の46cmを追加!あわよくば3本目とキャストを繰り返しましたが…陽が落ちてきたタイミングでストップフィッシングとしました。

 

翌29日夕方、前日同様にリンキンシャッド5インチのミドストでスタート!一投目から当たりがありテンションが上がりますが、残念ながらファイト中にスッポ抜け…気を取り直し、キャストを続けるとすぐに42cmのグッドコンディションをキャッチする事できました。

 

この後、小移動を繰り返して良い感じのウィードをサーチしながら釣り込みましたが、残念ながら湖上が荒れてきたためやむなくストップフィッシングとなりました。今回、リンキンシャッド5インチに2.7gジグヘッドをセットしてミドストを行いましたが、リンキンシャッド5インチ自体12gぐらいあり、シェイクした時の重量感がありますので風があってもミドスト操作しやすく、水押しが強くアピール力があるので、少々濁りが発生しても負けない感じがします。自分的にはパワフルなミドストなので、巻物みたいなイメージを持っています。

 

DSC_2251

 

リンキンシャッドの様なボリューミーなリグを使うロッドは、フェンウィック エイシス ACES66SLJ “Mid Strolling Special”がオススメです。このロッドはやや重量があるリグに対応すべく、やや強めなセッティングがされたミドストロッドですが、その操作性は信頼のフェンウィッククオリティー!緩ませたラインを弾き過ぎずに柔らかくシェイクするしなやかなフィーリングとパワフルなトルク感が共存した素晴らしい使用感です

 

DSC_2270

 

今回、二日間とも釣れたレンジは、暖かさのせいか2~3mと浅めでした。  体力がある大型固体は来るスプリングシーズンに向けて確実に動き始めている印象を持ちました。 この時期は大型固体を狙って釣る事が出来るシーズンなので、皆さんも是非フィールドに出かけてみて下さいね!

 

【タックルデータ】

ロッド:フェンウィック エイシス ACES66SLJ “Mid Strolling Special”
ルアー:ロコイズム リンキンシャッド5inch + 2.7gジグヘッド
ライン:PE0.6号 + リーダー8lb

 


Like