Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishingプロスタッフフィールドインフォ 紀伊半島エリア 関口順 「待望の増水!高山ダム釣行」

2020.11.04

紀伊半島エリア 関口順 「待望の増水!高山ダム釣行」

皆さん、こんにちは!ティムコフィールドスタッフの関口です。やっとワタクシが高山ダムで活躍出来る季節がやって参りました!

 

高山ダムは毎年6月~10月末まで最低水位となっていて、スロープが途切れてしまうのでトレーラー昇降が出来なくなってしまいます。今年は10月中旬から水位が上がり始めるとのことで楽しみにしていたのですが、いよいよスロープが使える水位になったとの情報を得てボートを牽いて釣りに行ってきました。

 

20201028_165139

 

急激に増水となるとシャローから生命感が消え、たまに見えるビッグフィッシュもヤル気なく、ディープの釣りが安定する傾向があるのですが、本日のお題は"ショートディスタンスでのビッグベイトゲーム!来期発売予定のNewロッド、Fenwick ACES65CHJ “Heavy Duty Special”のテストを兼ねているので、朝からシャローオンリーでスタートです!

 

20201028_074959

 

まずは様子見に上流へ向かいます。すると、中流あたりで水温が18℃から一気に14℃に降下。ベイトフィッシュの反応もあまりイイ感じではなく、下流の方が良かったかなと考えていたところに、先行者から59cmがミドストで釣れたとの情報が...水温低下の事など二の次となり、俄然ヤル気が増し増しに!

 

そんまま釣り上がり上流では数匹のバスは確認出来ましたがバイトに持ち込めず、再び中流まで釣り下って来ると水中にうっすら見える大岩を発見!丁寧にアプローチするとちょうど岩と岩の間をルアーが通った瞬間にバスの反転バイトを確認!すかさずフッキングすると弾かれることなくバッチリ決まり、グッドサイズをキャッチすることが出来ました!

 

20201028_121540

 

その後も同様のシチュエーションを見つけてアプローチするともう1本釣れ、もう大満足!今までビッグベイトには7フィートより短いロッドは自分の中で無いなと思っていたのですが、一気に考えが変わりました。1.5~2ozのルアーを小技を効かせて軽快に扱えるうえにアキュラシー性能も抜群!リザーバーの様にショアギリギリを狙っていくスタイルの釣りではショートロッドの優位性が際立ちます。

 

2020-10-29-00.56.59

 

Fenwick ACES65CHJ “Heavy Duty Special” は6feet5inchのロッドですが、グリップが長めに設計されている為に、リールシートからティップまでの有効レングスは6feet2inchのロッドと同程度になっています。ティップを水面に向けた操作でも水面を叩きにくいので、繊細なアクション入力がとてもやりやすいのです。高い操作性とアキュラシー性能が抜群なビッグベイトロッド Fenwick ACES65CHJ “Heavy Duty Special”  来年春にリリース予定です!ご期待下さい!!

 

【タックルデータ】

ロッド:Fenwick ACES65CHJ “Heavy Duty Special”'(プロトタイプ)
リール:ABU Revo ELITE6 IB
ライン:フロロ16lb
ルアー:1.5ozリップレスベイト、2ozジョイントビッグベイト
サイトマスターDIGNITY Ti MUD SILVER PRO ライトブラウン/シルバーミラー
Foxfireストームトレーサージャケット/カーボンブラック

 


Like