Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishingプロスタッフフィールドインフォ 野尻湖エリア 宮腰潤 「早春の野尻湖にベストマッチ!リンキンスイマー3″」

2021.04.28

野尻湖エリア 宮腰潤 「早春の野尻湖にベストマッチ!リンキンスイマー3″」

皆さんこんにちは。野尻湖フィールドスタッフの宮腰です。2021年4月24日(土)に野尻湖は解禁日を迎えました。そこで地元の地の利を活かし、早速おかっぱりで1時間ほど釣行してきましたので、今回はその模様をレポートさせて頂きたいと思います。

 

解禁直後の野尻湖定番リグと言えば、低水温に活躍するシャッドプラグ、ソフトベイトでは軽量ジグヘッドを使ったシャッドシェイプ系ワームのミッドストローリングと、シャッドテールタイプのタダ巻きがメインになると思います。今回はおかっぱりで浅いレンジを釣ることから、表層~中層を効率良く釣るためにシャッドテールタイプのリンキンスイマー3”(ホログラムピンク)を1.3gのジグヘッドにリグってタダ巻きで実釣開始しました。

 

IMG_4776

 

狙う水深としては表層~3m程度。キャスト後にすぐに巻くこと数投目に明確なバイト!幸先よく2021年初スモールマウスをキャッチする事が出来ました。

 

IMG_4954

 

おかっぱりで一ヵ所で同じカラーばかり投げ続けるとルアーにスレて反応が鈍くなる傾向があるために、ホログラムピンクからホログラムパープルにカラーローテーション。すると狙い通り数投後に今度は重くなるだけのバイトが!ズシン!っと重くなるだけのバイトはサイズが大きい事が多いので、慎重にやり取りをしましたが・・・ネットイン間際に残念ながら手元でポロリ(泣)。逃したのはグッドサイズのバスでかなり悔しい思いをしたので、近いうちに必ずリベンジしたいと思います。

 

さて、今回使用したリンキンスイマー3"+1.3gジグヘッドリグを操るロッドですが、ボートフィッシングからはACES64SXULJ "Mid Strolling SpecialまたはLIKES64SXULJ "Mid Strolling Specialがお勧めですが、今回はおかっぱりで更なる飛距離が欲しかったので、ロングレングスなACES610SULP+J "Driftin' Special"をチョイスしてみました。本来はI字系プラグや虫ルアー用にデザインされたロッドですが、軽量ルアーをロングキャストするしなやかさ、遠方でバスを掛けてもしっかりフッキングさせるバットパワーが共存したロッドであり、向こう合わせ的な要素もあるリンキンスイマー3”にも抜群の使いやすさでした。

 

IMG_4778

 

更にラインですが、PE0.3号+フロロ3lbリーダーを組んで、飛距離重視のセッティングとしました。元々ACES610SULP+J "Driftin' Special"はPEラインの使用も視野に入れたガイドセッティングがなされているため、ライン放出感の減衰やトラブルもなく、快適に使うことが出来ました。キャストする際に大きなストロークでルアーの重みをロッドに感じながらキャストすればかなり飛距離が出ますので是非試してみて下さいね。この釣りは一定のリズムでリンキンスイマー3’’をゆっくり巻くだけで、ルアーが艶めかしいローリングアクションをみせてオートマチックにバスを惹き付けてくれるので、ミドストが苦手な方にもお勧めです!!

 

春の野尻湖は標高が高いために日中と夜では寒暖の差が激しく、日替わりで毎日パターンが変わりますので、今回使用したリンキンスイマー3’’を始め、リンキンシャッド3’’、スーパーシャッドシェイプ3’’と様々な攻め方で攻略されてはいかかでしょうか。

 

最後に山上湖の春は非常に寒いですので、防寒対策はしっかりとして、コロコロに太ったスモールマウスの引きを楽しみに来て下さいね!!それではまた!!

 

【タックルデータ】

ロッド:Fenwick ACES610SULP+J "Driftin' Special"
リール:スピニング2500番
ライン:PE0.3号+フロロ3lbリーダー
ルアー:リンキンスイマー3" (ホログラムピンク、ホログラムパープル)
リグ:ジグヘッド1.3g
ウエアー:ストームトレーサージャケット(ダークカーキ)

 


Like