Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishingプロスタッフフィールドインフォ 野尻湖エリア 丸山知幸 「ロンサムスイーパーIで野尻湖ビッグフィッシュハンティング!」

2021.05.13

野尻湖エリア 丸山知幸 「ロンサムスイーパーIで野尻湖ビッグフィッシュハンティング!」

皆さんこんにちは。ティムコフィールドスタッフの丸山知幸です。いよいよ今シーズンも野尻湖のルアーフィッシングが解禁となりました。5月に入り暖かい日が続き水温11~14℃で安定するとスモール達はシャローにも頻繁に出入りし表層を意識するようになります。ワカサギの産卵も徐々に終了し、表層に瀕死状態で漂っている個体が見受けられるようになると、スモールはそうしたワカサギにボイルするようになります。

 

そのような状況に対して有効になってくるのがロンサムスイパーⅠです。ボディレングスは75mmで食べ頃ワカサギサイズ。アクションはI字形スローステディーリトリーブ(ゆっくりただ巻き)をメインに、風・波の状況によってはラインメンディングを用いたドリフト・デッドスティッキング(放置し波風にのせて漂わせる)、バスが見に来て見切られそうになった時にトゥイッチ&ジャークを入れて喰わせのスイッチを入れるのも効果的です。

 

RSIMG_3079

 

ウェイト調整をしたいときはウェイトシールやスプリットリングサイズ、フックサイズで調整することでフローティングにもシンキングにも調整可能です。フックはフェザーフックが採用されており、こちらも波風でゆらゆらと動いてくれフックの存在をぼかしてくれると共にホワイトフェザーですのでベイトフィッシュのホワイトベリーの役割を果たしてくれ、よりナチュラルにバスにアピールしてくれます。

 

総合的にナチュラル感の高いロンサムスイーパーですので、バスも本気食いしてきます。カラーは個人的な好みですがルアー位置の把握がしやすいオーロラクリスタルシャートを使用しています。波風が多少あっても位置を把握できることは大切で、スプラッシュを上げてバイトしてくるような場面もあり、フッキングのタイミングを合わせることができます。

 

RSGH020252_Moment

 

推奨ロッドはフェンウィック エイシス ACES610SULP+J "Driftin' Special"、リンクス LINKS610SULP+J "Driftin’ Special"の2本です。どちらもI字系専用機種で6feet10inchレングス。ロングキャスト性能と遠距離のバイトであっても確実にフックセット可能なバットパワーが素晴らしい1本。更に、しなやかなベリーセクションを持つロッドなので、細糸を使ってもバラシにくいのも魅力です。

 

RSIMG_3082

 

丸山ガイド的ラインセレクトはPE0.4号+フロロ4ポンドPEを使用することにより飛距離を確保し、細くても強度が出せ、浮力があるのでラインメンディングがしやすくラインの軌道も見やすいです。PEのみだとルアー・フック等とのトラブルが出やすくなるのでフロロラインでリーダーを組むことをお勧めします。

 

スモールが表層を漂うワカサギを狙うようになってきましたので、野尻湖釣行の際は是非、ロンサムスイパー他、ティムコの水面系ハードルアーをお忘れなく!

 

IMG_3073

 

私が営んでいる野尻湖ガイドはホームページがありますので宜しければこちらもご覧ください。
Tomo Guide Service

 


Like