Bass Fishing記事 | ティムコ

フィールドインフォ

Bass Fishingプロスタッフフィールドインフォ 岡山エリア 塩見友広 「高梁川オープントーナメント参戦」

2021.05.26

岡山エリア 塩見友広 「高梁川オープントーナメント参戦」

皆さんこんにちは。ティムコフィールドスタッフの塩見です。今回高梁川で開催されたオープントーナメントの模様をレポートしたいと思います。ゴールデンウィーク中は所要で全く釣りに行けていませんでしたが、最終日(5月5日)にオープン戦が開催されるとの事で急遽都合をつけて参戦してきました!

 

スタート。

 

当日の状況は、朝から北風強めで雨が降ったりやんだりの肌寒い天候でした。ぶっつけ本番でバスのコンディションが分からない状況でしたので、とりあえずプリスポーン~アフタースポーンまでの魚が混在する下流域の橋脚石積み周りに入り、魚を寄せる力が強いビッグベイトでチェックを開始。すると、幸先良く表層まで魚が出てきてバイト!しかし、フッキングのタイミングが合わず半掛り状態で残念ながらフックオフしてしまいました。

 

まずまずのサイズが喰ってきたので、その後も同様の釣りを続けるも何かがあと一歩嚙み合わない感じで後が続きません...ふと魚探に目をやると朝の水温から下降している事に気づき、釣り方をややスローダウンしてクリーピーエッグのジグヘッドワッキーにシフトすると、喰わせのアプローチが功を成し、800gサイズを1本ゲット!

 

クリーピー45フィッシュ

 

同様の釣りで同サイズを追加と思いきや、またしてもネットイン寸前でバラシ!どうにもバイトが浅いの感じだったので、更なるフィネスアプローチにシフト。アフターの魚が入るであろう沈み木へ入りネコリグを吊るして中層で執拗にシェイクを入れていると重くなるバイト! 目測2kg近い魚が一瞬見えましたが 痛恨のフックオフ...

 

クリーピー45GHW

 

気を取り直して近くの沈み木にリグを入れるとまたすぐにバイトが!しかし、これもまたフックオフ...結局6バイト1フィッシュのダメダメな1日で終わってしまいました。ですが、他の選手が全く釣れておらずウェイインしたのは僅か3名。厳しい状況が幸いし、なんと準優勝する事が出来ました。

 

オープン戦2位

 

当日はあいにくの肌寒い荒天でしたが、ストームトレーサージャケット、ハイドロマスタービブ、防水シューズ アガディールの全身Foxfire武装で対策はバッチリ!特に防水シューズ アガディールは、雨が降ったり止んだりの中途半端な天候で滑りやすい状態でしたが、気持ちよくキュッと滑りを防ぎ、尚且つボートデッキを痛めるような荒いソールパターンではないので非常に快適でした。雨染みも疲れも全く感じられずとても足に優しいシューズです。これはお勧めですよ!

 

アガデイール

 

【タックルデータ】

 

クリーピー45タックル

ロッド:フェンウィック LINKS63SLJ
リール:ルビアス2500
ライン:東レ エクスレッド4lb
ルアー:クリーピーエッグ45 ジグヘッドワッキーリグ
偏光:Sight Master ロトンドマットブラック イーズグリーン
ウエアー:Foxfireストームトレーサージャケット×パワーフィルハイブリットジャケット、ハイドロマスタービブ、ストレッチレインガード
シューズ:Foxfireアガディール

 


Like