Fly Fishing記事 | ティムコ

社員ブログ

Fly Fishing  社員ブログ   スーさんの中禅寺湖日記2018 4月第3週 ついに爆釣

2018.05.02

スーさんの中禅寺湖日記2018 4月第3週 ついに爆釣

2週続けて中禅寺湖に行ったが、水温低く苦戦したため今週はお休みと決めていた。ところが天気予報で週末は真夏日予報とか言ってるので、祭りが始まるといけないので仕方なく(笑)・・・いろは坂を登ってしまった。

 

4時半頃から釣り開始。気温は8℃。無風なのであまり寒さを感じない。水面は鏡のように静か。当然底を狙う。タイプIII/IVのラインでカウント100からスタート。引っ張っているラインにあまり抵抗なく今ひとつな感じ。

 

1

 

 

水温低いので活性がないのか暫く沈黙が続く。1時間分位たった頃に待望のヒット。小型のレイクながらボウズ脱出。しかし後が続かない。冷たい水温のため足先の感覚が無くなってきたので朝食タイム。釣れない理由を色々考えた。水温、無風、水流、フライ、ポイント・・・釣人は釣れない理由を考えるのは大得意だ(笑)。8時を過ぎた頃に2匹目がヒット。すると水面からジャンプ。元気の良い55cmのブラウンをキャッチ。

 

2

 

 

その後一時間毎に追加して12時の時点で6匹キャッチ。

 

3

4

 

 

陽がさして水温が上がってきたためか、ポツポツながら魚の活性が上がってきたようだ。ランチをはさみ13時前に午後の部スタート。少しカウントを減らして60位で引いてくると直ぐにヒット。ここから怒涛の入れ喰いタイムが始まった。59cm、53cm、57cm、59cm、57cmと立続けにキャッチ。

 

5

6

 

 

笑いが止まらなくなってきた。そして今日一のサイズが掛かった。一旦、掛け上がりまで寄ってきたが、そこからダツシュ。手前まで寄せてダッシュ。 何回か繰り返し、ようやくキャッチ。サイズは69cm。このサイズになるとなんとも言えない風格がある。

 

7

 

ところが今日はここで終わらない。キャストをしてラインを沈めて引き始めて直ぐにそいつはヒットした。掛かった瞬間からラインを引きづり出された。先程の69cmよりトルクのある重い引きに暫く翻弄される。出しては巻きを繰り返しながら緊張の時間は続く。ティペットは2Xなので無理できない。岸際まで何とか寄せてきた。取込む場所をみていたら、リーダーが入るか入らないかの所でロッドはテンションを失った。

 

「あうっ」

 

バーブレスなので細心の注意を払っていたがあえなくフックアウト。水面からでた尾ひれの大きさが目に焼きついて忘れられない。「75cm、80cmいやいや1mあった」。と釣人の妄想は日増しに膨らんでいく(笑)。取り合えず謙虚に75cmとしておくか。その後は落ち着いてしまい4時過ぎに1本追加して納竿した。

 

【タックルデータ】
ロッド:Orvis クリアーウォーター12’6” #8
ライン:SAアトランティック・サーモンショート・ダブルハンド#7/8 S3/S4
STライン: SAインターミディエイト・モノコア 025
リーダー:OH&Dシンキング11ft シングル0X-1X
ティペット:アクロンフロロ1X-2X
フライ:TMC708 #6 マラブーパターン オリーブ/ブラック

 

 


Like